ホンダジェット、設計部分で車との共通点は…ホンダエアクラフト藤野社長

インバウンド・地域活性

ホンダジェット
  • ホンダジェット
  • ホンダジェット ワールドツアー イン ジャパン
  • ホンダエアクラフトカンパニー 藤野道格 社長
  • ホンダエアクラフトカンパニー 藤野道格 社長
  • ホンダジェット
  • ホンダジェット
ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長は1月19日、都内にあるホンダ本社で会見し、小型ビジネスジェット『ホンダジェット』の開発の一部に自動車の設計手法を取り入れることで他社との差別化を図っているという秘話を披露した。

藤野社長は「飛行機と車というのはかなり技術的な理念が違う。例えば部品も違うし、環境要件も違うし、信頼性要件も違うので、(車の技術が)そのまま使えるものはあまりない」としながらも、「ホンダジェットで一番、車の技術が使えたのはインテリアの設計」と明かす。

というのも「ビジネスジェットの業界でインテリアというのはまだプリミティブ(原始的)で、スケッチを描いたら手造りで造っていくような感じ」で、これに対し「車の場合は開発サイクルがすごくシステマチックになっている」からだ。

具体的には「スケッチを描いたら、それをCGでチェックする。しかもCGでチェックする段階ではシートのステッチとか、レザーのテキスチャーもハイディフィニッションで4倍くらいで見えるので、実際にプロトタイプやモックアップを造る前にかなりチェックできる。何回もイタレーション(反復)してやるので、そこが多分、他のビジネスジェットメーカーよりも何倍もやっている」という。

その上で「ホンダジェットに乗られた方が最初に感じられるのは全然インテリアの洗練度が違うということ。なぜかというと、何回も手をかけている分だけ洗練度が高くなる」と強調し、「車のやり方で一番使えたのはインテリアの設計プロセスの部分」と振り返った。

ホンダジェット、車の設計手法活用で差別化図る…ホンダエアクラフト藤野社長

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  2. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  3. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

    小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  4. 成田空港、航空機発着回数/旅客数が過去最高を更新 2016年度

  5. 兵庫県・芦屋高校跡地、老人ホームとして活用で事業予定者決定

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 兵庫県・明石港東外港地区で再開発計画。明石らしさとは何か?

  8. 大和リゾート、インバウンドに向け都市型ホテル事業参入

  9. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  10. 千代田区の鉄鋼ビルディングが完成、16年2月開業へ

アクセスランキングをもっと見る

page top