鉄道総研と大林組、鉄道ラーメン高架橋向け新PCa工法開発 画像 鉄道総研と大林組、鉄道ラーメン高架橋向け新PCa工法開発

インバウンド・地域活性

 鉄道総合技術研究所(鉄道総研、熊谷則道理事長)と大林組は18日、鉄道ラーメン高架橋向けの新しいプレキャスト(PCa)工法を開発したと発表した。シース管と筒状の継ぎ手の両端から鉄筋を挿入し、モルタルを充てんして一体化するモルタルスリーブ継ぎ手を使用。これにより、特に配筋が密になる柱と梁の接合部(仕口部)を含めた高架橋のフルPCa化を実現できる。部材の一部をPCa化するハーフPCa工法に比べ、工期を最大30%短縮可能という。
 近年、建設技術者や技能労働者不足を背景に、鉄道建設工事でも省力化が求められている。工場であらかじめ製造されたPCa部材の活用は、現場施工の省力化や工期短縮につながるとともに、天候などの影響を受けず、安定した品質を確保できるのが特徴だ。
 既存の鉄道ラーメン高架橋に用いられるPCa工法は、ハーフPCa工法が一般的。部材の一部をPCa化し、現場で残りの部材のコンクリートを打ち込む際に一体化させる工法で、フルPCa化には至っていない。
 そこで、鉄道総研と大林組は共同で、鉄道ラーメン高架橋の全面PCa化に向けた工法の開発を11年から進めてきた。
 開発した新しい工法は、高層ビルの柱や梁をPCa化し、スピード施工とコストダウンを実現する大林組の「LRV工法」を応用した。既に実用化している床版と柱のPCa化に加え、仕口部もPCa化できるようになる。
 新工法を使った柱と梁の接合では、端面の位置を合わせた後、シース管から貫通鉄筋を挿入。モルタルをシース管、モルタルスリーブ継ぎ手に同時注入し、梁・スラブコンクリートを打設する。
 鉄道総研は、短い建設工期で高品質な鉄道ラーメン高架橋を建設できる工法として、新PCa工法の普及・拡大を計画しており、「モルタルスリーブ継手を用いたプレキャストラーメン高架橋の設計・施工指針」を取りまとめた。

鉄道総研、大林組/鉄道ラーメン高架橋向け新PCa工法開発/全パーツを工場生産

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  4. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  5. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  6. 岩手・宮城の復興祈念公園、3月に着工へ。震災から6年の節目に合わせ

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top