「花を見てストレス改善」が6割! 全国花き振興協がオフィス調査 画像 「花を見てストレス改善」が6割! 全国花き振興協がオフィス調査

人材

 花きの生産や流通、販売関連団体でつくる「全国花き振興協議会」は、名古屋市内の医療生協の施設に花を飾り、同生協職員の意識変化を調べたところ、6割が「花を見てストレスが改善された」と答えた。調査は同協議会が月曜日を「オフィスに花・緑を飾る日」とする「フラワービズ」の一環。同協議会は「花の持つ生理的リラックス効果が出ている」と分析している。
 2015年末に同市緑区にある南医療生協の協力で、3週間にわたって職員81人の席に、倒れても水がこぼれないオフィス用に開発された一輪挿しを提供。アンケート調査を行った。

 回答した職員は30~50代で女性が7割、男性が3割。「花を見てストレスが改善されたと感じるか」の質問に対し61%が「改善されたと感じる」と答えた。また「花を飾ることでオフィスの雰囲気が変わったか」という質問では、「とても変わった」「少し変わった」を合わせると73%に上った。

花でストレス改善 6割 全国花き振興協がオフィス調査

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

    国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

  3. 新人研修で農業体験! NPO活動から生まれた農業研修プログラム

    新人研修で農業体験! NPO活動から生まれた農業研修プログラム

  4. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  5. 「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

  6. 地方と企業の悩み交換、引き受けます

  7. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  8. 銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

  9. 建設業界、10年越しの人材不足問題、官民一体の構想始まる!

  10. 国交省が初の女性活躍推進会議、産学官で意見交換も

アクセスランキングをもっと見る

page top