復興に向かう姿を発信!「いわて三陸復興フォーラム」開催 画像 復興に向かう姿を発信!「いわて三陸復興フォーラム」開催

インバウンド・地域活性

 岩手県で1月22日、23日の二日間にかけて、東日本大震災からの復興に取り組む姿を発信する「いわて三陸復興フォーラム」が開催される。

 これは、同県にゆかりのある人達が集まる場を設け、本格的な復興に向けた人的ネットワークの強化を目的としたもの。自治体や企業、団体などの多様な主体が一丸となり、復興への活動を発信する。

 当日は岩手の若者たちが抱く「ふるさと復興」のビジョンを示すプログラムが用意され、「『安全』の確保 」「『暮らし』の再建」「『なりわい』の再生」といったテーマで報告会を実施。県知事の達増拓也氏による復興状況の報告や、「岩手の未来予想図を描く」と題したパネルディスカッションの開催も予定されている。

 その他、会場では江戸時代から陸前高田で受け継がれてきた「うごく七夕まつり」の七夕太鼓を披露。東日本大震災からの復興を力強くアピールする。23日に盛岡劇場で行われるパネルディスカッションや七夕太鼓などの模様は、岩手県の公式インターネット番組「いわて希望チャンネル」で配信される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

    相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  4. 中小二次製品メーカーが連携、雑草を抑えるブロックの普及へ

  5. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  9. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top