北海道建設部、建設業イメージロゴ決定、最優秀に福士貴史さん 画像 北海道建設部、建設業イメージロゴ決定、最優秀に福士貴史さん

インバウンド・地域活性

 北海道建設部は、北海道の建設業を表すロゴマークの公募で、最優秀賞を広告企画・製作会社社員の福士貴史さん(札幌市在住)の作品=図=に決めた。
 選定されたロゴマークは、道が製作する建設業を紹介するパンフレットなどに使用される。最優秀作品は、安定性をイメージさせる三角形をモチーフに、災害対応や環境維持、安全・安心に向けた取り組みといった建設業の役割を表現した。
 優秀賞には、建設会社社員の三海秀輝さん、アートディレクターの高橋昌次さん(いずれも札幌市在住)の2作品が選ばれた。
 道によるロゴマークの募集は、社会資本整備や除雪、災害時などに地域に貢献する建設業を一般にPRする取り組みの一環。ロゴマークを活用して建設業のイメージアップを図り、親しみやすい産業として定着させることが狙い。
 道では、建設業団体の発行物や名刺、ホームページなどでの積極的な活用も呼び掛ける予定だ。

北海道建設部/建設業イメージロゴマークが決定/最優秀に福士貴史さんの作品

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道新幹線開業に向け、ソフト・ハードで進む沿線自治体の準備

    北海道新幹線開業に向け、ソフト・ハードで進む沿線自治体の準備

  2. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

    JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  3. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

    八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  4. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 宮古~釜石間の鉄道、震災からの復旧計画通り。三陸鉄道への移管準備も

  9. 増加するインバウンド、貸切バスの臨時営業区域・設定を延長へ

  10. 福島県相馬市で新庁舎が完成。復興から一つの山を越えた

アクセスランキングをもっと見る

page top