ハウステンボスの「変なホテル」、“あの作業”もロボットが!

インバウンド・地域活性

フロントのロボット
  • フロントのロボット
  • 恐竜型ロボットがフロントで客をお出迎え
  • クロークロボット
  • ポーターロボット
  • ルンバ980
  • ルンバ980が床を掃除
 ハウステンボスが昨年7月に開業したホテルが一風変わっていることから、国内はもとより海外からも注目を集めている。その名は「変なホテル」……。

 空調にエネルギー効率の優れた最新「輻射パネル」を採用するほか、電力は太陽光発電、照明は人感センサーで自動オン・オフ、顔認証システムによるキーレス利用など、”世界初の先進的なホテル”をうたう同ホテル。特に目を引くのは、メインスタッフがロボットであること。フロントに立つのがヒト型ロボットなのもユニークだが、恐竜型ロボットも客を出迎えるのは驚きだ。

 ホテル内ではほかにもさまざまなロボットが“働いて”いる。宿泊客専用の有料ロッカーを受け付けるのはロボットクロークで、部屋へ荷物を運ぶのはポーターロボット。そして19日、定期的に館内の廊下の清掃を担うロボットとして、「ルンバ980」を“採用”した。

 「ルンバ980」は、アイロボット社が昨年10月に発売したロボット掃除機。カメラとフロアトラッキングセンサーを搭載し、フロア全体の床面の間取りを認識しながら掃除する。なお、同ホテルが市販ロボットを採用したのは、これが初の取り組みとなった。

 本来は人間がすべき仕事をロボットが代行する――。一見するとこれは、人間の職がロボットに奪われていることになるが、一方ではロボットの開発・製造の機会が増大しているとも言える。“おもてなし”と“ものづくり”はともにニッポンが世界に誇るもの。「変なホテル」は、日本ならではのホテルと言えるかもしれない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  4. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

アクセスランキングをもっと見る

page top