ハウステンボスの「変なホテル」、“あの作業”もロボットが!

インバウンド・地域活性

フロントのロボット
  • フロントのロボット
  • 恐竜型ロボットがフロントで客をお出迎え
  • クロークロボット
  • ポーターロボット
  • ルンバ980
  • ルンバ980が床を掃除
 ハウステンボスが昨年7月に開業したホテルが一風変わっていることから、国内はもとより海外からも注目を集めている。その名は「変なホテル」……。

 空調にエネルギー効率の優れた最新「輻射パネル」を採用するほか、電力は太陽光発電、照明は人感センサーで自動オン・オフ、顔認証システムによるキーレス利用など、”世界初の先進的なホテル”をうたう同ホテル。特に目を引くのは、メインスタッフがロボットであること。フロントに立つのがヒト型ロボットなのもユニークだが、恐竜型ロボットも客を出迎えるのは驚きだ。

 ホテル内ではほかにもさまざまなロボットが“働いて”いる。宿泊客専用の有料ロッカーを受け付けるのはロボットクロークで、部屋へ荷物を運ぶのはポーターロボット。そして19日、定期的に館内の廊下の清掃を担うロボットとして、「ルンバ980」を“採用”した。

 「ルンバ980」は、アイロボット社が昨年10月に発売したロボット掃除機。カメラとフロアトラッキングセンサーを搭載し、フロア全体の床面の間取りを認識しながら掃除する。なお、同ホテルが市販ロボットを採用したのは、これが初の取り組みとなった。

 本来は人間がすべき仕事をロボットが代行する――。一見するとこれは、人間の職がロボットに奪われていることになるが、一方ではロボットの開発・製造の機会が増大しているとも言える。“おもてなし”と“ものづくり”はともにニッポンが世界に誇るもの。「変なホテル」は、日本ならではのホテルと言えるかもしれない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  2. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  4. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  5. 埼玉県蓮田駅西口再開発、採算性から27階建てを14階建てに

  6. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  7. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  8. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  9. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  10. 大林組がビル健康診断システムをクラウド化、診断期間半減

アクセスランキングをもっと見る

page top