ハウステンボスの「変なホテル」、“あの作業”もロボットが!

インバウンド・地域活性

フロントのロボット
  • フロントのロボット
  • 恐竜型ロボットがフロントで客をお出迎え
  • クロークロボット
  • ポーターロボット
  • ルンバ980
  • ルンバ980が床を掃除
 ハウステンボスが昨年7月に開業したホテルが一風変わっていることから、国内はもとより海外からも注目を集めている。その名は「変なホテル」……。

 空調にエネルギー効率の優れた最新「輻射パネル」を採用するほか、電力は太陽光発電、照明は人感センサーで自動オン・オフ、顔認証システムによるキーレス利用など、”世界初の先進的なホテル”をうたう同ホテル。特に目を引くのは、メインスタッフがロボットであること。フロントに立つのがヒト型ロボットなのもユニークだが、恐竜型ロボットも客を出迎えるのは驚きだ。

 ホテル内ではほかにもさまざまなロボットが“働いて”いる。宿泊客専用の有料ロッカーを受け付けるのはロボットクロークで、部屋へ荷物を運ぶのはポーターロボット。そして19日、定期的に館内の廊下の清掃を担うロボットとして、「ルンバ980」を“採用”した。

 「ルンバ980」は、アイロボット社が昨年10月に発売したロボット掃除機。カメラとフロアトラッキングセンサーを搭載し、フロア全体の床面の間取りを認識しながら掃除する。なお、同ホテルが市販ロボットを採用したのは、これが初の取り組みとなった。

 本来は人間がすべき仕事をロボットが代行する――。一見するとこれは、人間の職がロボットに奪われていることになるが、一方ではロボットの開発・製造の機会が増大しているとも言える。“おもてなし”と“ものづくり”はともにニッポンが世界に誇るもの。「変なホテル」は、日本ならではのホテルと言えるかもしれない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

    見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  6. ~劇場型で魅せる飲食店:1~下町ワイナリーが生む“コト消費”

  7. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 老朽化進むJR茨木駅西口の再開発、まちづくり協議会設立へ

アクセスランキングをもっと見る

page top