ハウステンボスの「変なホテル」、“あの作業”もロボットが!

インバウンド・地域活性

フロントのロボット
  • フロントのロボット
  • 恐竜型ロボットがフロントで客をお出迎え
  • クロークロボット
  • ポーターロボット
  • ルンバ980
  • ルンバ980が床を掃除
 ハウステンボスが昨年7月に開業したホテルが一風変わっていることから、国内はもとより海外からも注目を集めている。その名は「変なホテル」……。

 空調にエネルギー効率の優れた最新「輻射パネル」を採用するほか、電力は太陽光発電、照明は人感センサーで自動オン・オフ、顔認証システムによるキーレス利用など、”世界初の先進的なホテル”をうたう同ホテル。特に目を引くのは、メインスタッフがロボットであること。フロントに立つのがヒト型ロボットなのもユニークだが、恐竜型ロボットも客を出迎えるのは驚きだ。

 ホテル内ではほかにもさまざまなロボットが“働いて”いる。宿泊客専用の有料ロッカーを受け付けるのはロボットクロークで、部屋へ荷物を運ぶのはポーターロボット。そして19日、定期的に館内の廊下の清掃を担うロボットとして、「ルンバ980」を“採用”した。

 「ルンバ980」は、アイロボット社が昨年10月に発売したロボット掃除機。カメラとフロアトラッキングセンサーを搭載し、フロア全体の床面の間取りを認識しながら掃除する。なお、同ホテルが市販ロボットを採用したのは、これが初の取り組みとなった。

 本来は人間がすべき仕事をロボットが代行する――。一見するとこれは、人間の職がロボットに奪われていることになるが、一方ではロボットの開発・製造の機会が増大しているとも言える。“おもてなし”と“ものづくり”はともにニッポンが世界に誇るもの。「変なホテル」は、日本ならではのホテルと言えるかもしれない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  4. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  8. 札幌駅北口に京王電鉄の新ブランド「京王プレリアホテル札幌」、インバウンドも取り込む

  9. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top