Linuxベースの自動運転向けリアルタイムOS…ZMPとジグソーが共同開発 画像 Linuxベースの自動運転向けリアルタイムOS…ZMPとジグソーが共同開発

IT業務効率

ZMPとジグソーは1月19日、Linuxをベースに、セキュリティやパフォーマンスを強化した自動運転用リアルタイムOS「IZAC-OS」の共同開発を開始したと発表した。

IZAC-OSは自動運転車両向けリアルタイムLinuxOSで、外部攻撃を遮断する安全な自動運転・自律移動、安定かつハイパフォーマンス、量産化を睨んだ開発設計思想を実現するための基盤であり、未来の自動運転・自律移動を支えるOSと位置づけている。

ジグソーは、IZAC-OS向けオリジナルカーネルの提供を既に開始しており、今後両社は様々なセキュリティ・耐久性に関するテストを公道実験等を通して繰り返し、世界で最も強固な独自OS「IZAC-OS」を共同で開発していく。ZMPは、自動運転向け車載コンピューター「IZAC」のOSを、今後「IZAC-OS」へ移行していく計画だ。

ZMPとジグソー、自動運転向けリアルタイムOSの共同開発を開始

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. VRによる未来のコミュニケーションとは?

    VRによる未来のコミュニケーションとは?

  3. 植物廃材でのバイオマスガス発電施設、整備拡充へ

    植物廃材でのバイオマスガス発電施設、整備拡充へ

  4. ハンズフリーで入退室管理 食品工場などでニーズ

  5. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  6. 竹中工務店、JAXAら/盛り土締め固め自動RI試験ロボット開発/所要時間15%短縮

  7. 静岡県がドローンで庁舎外壁調査、期間短縮とコスト削減

  8. 産学官の新たなプロジェクトはじまる……ひの@平山小

  9. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

  10. 東京R&D、FCV向け高圧水素タンクなど「人とくるまのテクノロジー展15」に出展

アクセスランキングをもっと見る

page top