Linuxベースの自動運転向けリアルタイムOS…ZMPとジグソーが共同開発 画像 Linuxベースの自動運転向けリアルタイムOS…ZMPとジグソーが共同開発

IT業務効率

ZMPとジグソーは1月19日、Linuxをベースに、セキュリティやパフォーマンスを強化した自動運転用リアルタイムOS「IZAC-OS」の共同開発を開始したと発表した。

IZAC-OSは自動運転車両向けリアルタイムLinuxOSで、外部攻撃を遮断する安全な自動運転・自律移動、安定かつハイパフォーマンス、量産化を睨んだ開発設計思想を実現するための基盤であり、未来の自動運転・自律移動を支えるOSと位置づけている。

ジグソーは、IZAC-OS向けオリジナルカーネルの提供を既に開始しており、今後両社は様々なセキュリティ・耐久性に関するテストを公道実験等を通して繰り返し、世界で最も強固な独自OS「IZAC-OS」を共同で開発していく。ZMPは、自動運転向け車載コンピューター「IZAC」のOSを、今後「IZAC-OS」へ移行していく計画だ。

ZMPとジグソー、自動運転向けリアルタイムOSの共同開発を開始

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  2. AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

    AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

  3. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

    ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  4. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  5. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  6. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  7. ネットとデジカメが変えた学校行事の写真販売――売上3倍

  8. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  9. トンネル切羽地質の自動評価システム、AIの画像認識技術を活用

  10. 走り出した「AIタクシー」。ホントのところは“少し先の乗車需要”予測

アクセスランキングをもっと見る

page top