TPP協定は日本に必要ですか? 帝国データバンクが企業調査 画像 TPP協定は日本に必要ですか? 帝国データバンクが企業調査

マネジメント

 TPP(環太平洋パートナーシップ)協定が昨年10月5日、大筋合意に至った。これにより将来的に同協定に参画する12カ国の域内では、関税などを大幅に削減。もしくは撤廃され、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」が活発に行き交うようになる可能性が高まった。

 TPP協定は、「メイド・イン・ジャパン」を海外へ売り込むビジネスチャンスを広げるほか、海外から原材料を安く調達できるようになるなど、経済の活性化につながると期待されている。しかし一方では、国内よりも割安な海外製品・産品が輸入されることで、既存の国内産業に打撃を与えかねない点も危惧されている。

 帝国データバンクでは19日、1万547社から寄せられた「TPPに関する企業の意識調査」の結果を発表。TPP協定が日本に必要だという回答が64.5%と過半数を占めた。だが、自社の属する業界で必要だと感じているのは29.7%にとどまり、5年前の同様調査の38.3%から8.6ポイント下回った。

 自社への影響が「プラス」だという回答は16.3%で、「マイナス」の7.3%を上回った。その理由として、プラス面で「原材料コストの低下」(38.9%)や「輸出の増加」(32.9%)、「売り上げや利益の増加」(30.5%)が挙げられている。一方、マイナス面では「販売価格の低下」(27.9%)や「新規参入の増加による競争の激化」(23%)、「売り上げや利益の減少」(19%)が上位となった。

 なお、自社への影響について、「わからない」が38.5%と約4割を占めている。TPPについては、まだまだ不透明感が広がっているようだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 虎ノ門一丁目地区再開発、1月6日に都が組合設立を認可

    虎ノ門一丁目地区再開発、1月6日に都が組合設立を認可

  2. 親族外承継という選択肢「事業引継ぎ」と向き合う、後継者不在による廃業防げ

    親族外承継という選択肢「事業引継ぎ」と向き合う、後継者不在による廃業防げ

  3. 日銀短観で人手不足が深刻、中小企業は新卒採用難で下方修正も

    日銀短観で人手不足が深刻、中小企業は新卒採用難で下方修正も

  4. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  5. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  6. 機能性乳製品続々……シリアル専用・花粉症対策など

  7. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  8. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  9. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  10. レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top