1月23日は「算額文化を広める日」、23日に東大寺で式典 画像 1月23日は「算額文化を広める日」、23日に東大寺で式典

ライフ

奈良東大寺に「算額」奉納

 (公財)日本数学検定協会(東京都台東区・清水静海理事長)は1月23日(土)、算数・数学発展の願いをこめた「算額」を華厳宗大本山「東大寺」(奈良県奈良市)に奉納する。
 「算額」とは江戸時代に、神社や寺院に奉納された和算の絵馬を指す。
 問題を解けた喜びを神仏に感謝し、学業成就の祈願につながるものとして長く親しまれてきた。
 同協会では、「算数・数学への興味喚起」を図る活動の一環として算額の奉納を企画。東大寺に奉納するのは昨年に引き続き2回目で、今回奉納する参額は寺院ならではの問題を2問作成し杉材で制作したもの。1月23日に執り行う奉納式典で一般に公開する。
 また、毎年1月23日を「算額文化を広める日」と定め、特設サイトに継続的に問題を発表していく予定。
《日本教育新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 【回転窓】おなじみとの別れ

    【回転窓】おなじみとの別れ

  2. 【回転窓】アルハラに注意!

    【回転窓】アルハラに注意!

  3. 公立小中学校の耐震化率95.6%にアップ

    公立小中学校の耐震化率95.6%にアップ

アクセスランキングをもっと見る

page top