武蔵野会朝霞台中央総合病院、移転建替が起工、施工は清水建設 画像 武蔵野会朝霞台中央総合病院、移転建替が起工、施工は清水建設

インバウンド・地域活性

 戸田中央医科グループ(TMG)の医療法人社団武蔵野会朝霞台中央総合病院(中村毅理事長)は同病院の移転建て替え工事に着手した。設計・監理、施工とも清水建設が担当。15日に埼玉県朝霞市の現地で地鎮祭(起工式)を行った。17年10月末の竣工、18年1月の開院を目指す。
 朝霞市西弁財1の8の10にある現病院を同市溝沼五反田1340の1に移転して建て替える。新病院はRC一部S造(免震構造)7階建て延べ2万5176平方メートルの規模で、病床数は120床増やして446床とする。「地域に根ざし、市民に親しまれる病院」「恵まれた敷地環境を生かし『健康にあふれたまちづくりに協力』できる病院」を理念とする。
 起工式では、中村毅戸田中央医科グループ副会長・医療法人社団武蔵野会理事長が鍬入れ、勝浦英二清水建設常務執行役員営業本部長が鋤入れを行い、工事の安全を祈願した。
 □田和英夫工事長(清水建設関東支店)の話□
 「地域に愛される病院を目指すという理念に合致した病院として、工事中も市民の皆さま向けの現場見学会を開き、情報公開に努めるとともに、安全に最大限留意しながら施工を進めていきたい」。

武蔵野会朝霞台中央総合病院(埼玉県朝霞市)/病院移転建替が起工/施工は清水建設

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  3. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 歴史的な街並みを観光資源に。古民家再生にファンド

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  10. 2017年の旅行業界トレンド「ブリージャー」

アクセスランキングをもっと見る

page top