【回転窓】空振り許容する社会を 画像 【回転窓】空振り許容する社会を

インバウンド・地域活性

 「空振りを許容する社会をつくること」。ある防災研究者に災害対策で何が重要かと聞くと、そんな答えが返ってきた。この「空振り」は、豪雨などで避難指示が出され、実際に避難したが、何も起こらなかった時のことを指す▼人は勝手なもので、被害に遭うと、自治体の避難指示が遅かったとか、対応の不備を指摘する。一方、空振りが続くと、どうせ何も起こらないだろうと決め込んで知らんぷりをする。そんな時に限って災害が起きる▼では、空振りを許容する社会をどうつくればよいか。研究者は災害被害のイメージを住民に繰り返し説明し、理解してもらうことだという。事前に防災行動計画を決める「タイムライン」は住民と一緒に作成するため、防災意識の向上に役立つとも▼政府は先週、国土強靱化対策の市場規模や防災・減災対策に優れた企業の認証制度の創設を発表した。企業の防災意識を高め、技術開発などを促す狙いだが、金額ばかり表に出るのは少し気になる▼防災の基本は「人の命を守る」こと。そのために何が必要かと住民が考えてくれれば、ハード整備の必要性も見えてくるはずだ。

回転窓/空振り許容する社会を

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  7. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  8. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  9. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top