三信建設工業、協力会社に得意工種の拡大指導、人手不足解消へ 画像 三信建設工業、協力会社に得意工種の拡大指導、人手不足解消へ

マネジメント

 三信建設工業が、建設現場の技能労働者不足を解消するための対策を強化している。主力の地盤改良とのり面工事の協力会社はグラウト、機械撹拌(かくはん)、アンカーの3工種に分かれ、専門ごとに会社が異なる。そうした会社に対し、得意工種を増やすよう指導を徹底。同社が手掛ける大規模工事を対象に、専門工種と別工種の会社にJVを組ませ、経験を積んでもらっているという。大沢一実社長は日刊建設工業新聞の取材に対し、「2工種はできるようになってほしい」と話している。
 2020年東京五輪に向けた工事需要の拡大で、建設関連の多くの会社では仕事量と施工能力のバランスで難しいかじ取りを迫られている。同社も東日本大震災以降、防災・減災対策に加え、インフラの老朽化に伴う更新・改修・延命化などの分野でフル稼働の状況が続く。
 大沢社長は「地盤改良だけでも機械撹拌や薬液注入とそれぞれノウハウがあるため、協力会社の専門が分かれている。ただ全体的には忙しくても、工種によっては暇な会社もある」という。
 このため、協力会社で構成する安全衛生協力会(約80社)と連携し、得意工種を2工種以上に増やす取り組みを展開している。「簡単にはいかないが、共通する部分はある。アンカーもグラウトも薬液注入もボーリングマシンを使う。単体で新しい工種を任せるのではなく、大きな工事でJVを組み、その中で専門工種以外の技能を身に付けてもらうようにしている」(大沢社長)という。
 この取り組みを始めてから3年。成果も表れており、大沢社長は「注入工もアンカー工もできるようになれば、協力会社間で作業員を融通できる。手待ちがなくなり、稼働率も高まる」と手応えを話す。
 少子化の進行もあり、建設技能労働者の全体数を増やすことが難しくなる中、技能労働者の多能工化の推進は鹿島などゼネコンでも広がりつつある。厚生労働省が3月に決定する第9次建設雇用改善計画(16~20年度)の中にも多能工化の推進方策が盛り込まれる見通しで、今後、業界全体で取り組みが加速しそうだ。

三信建設工業/協力会社に得意工種の拡大指導/人手不足解消へJVで経験蓄積

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

    物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  2. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

    東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  3. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(6)】今後の展望……本当に便利になるのはこれから

    【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(6)】今後の展望……本当に便利になるのはこれから

  4. 電子部品業界も注目するロボット市場

  5. ワイドシングルタイヤ採用で積載量増大……アルプス運輸の木材チップ運搬車

  6. 「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

  7. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  8. 三菱地所が全国3カ所に新規用地取得、物流施設の開発投資加速へ

  9. 電子部品大手は今期業績上振れ、中国向けスマホ「減速感なし」

  10. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

アクセスランキングをもっと見る

page top