12月の米相対価格0.2%高、B銘柄を中心に引き

インバウンド・地域活性

 農水省が15日公表した2015年産米の12月の相対取引価格は、全銘柄平均で前月から0.2%(22円)の小幅上げで、60キロ1万3245円となった。前年同月に比べると9.1%(1103円)高い。同省は「低価格帯の米への引き合いが強まり、全体の水準を押し上げている」(農産企画課)とみる。
 相対取引価格は前年産と比較可能な85銘柄のうち80銘柄が前年同月より高くなっている。主な銘柄では、栃木「あさひの夢」が前年同月比36%高の1万1915円、群馬「あさひの夢」が33%高の1万1636円、青森「つがるロマン」が21%高の1万1595円、青森「まっしぐら」が18%高の1万1510円などとなった。

 富山「コシヒカリ」は11%高の1万4549円、秋田「あきたこまち」が10%高の1万3027円、新潟・一般「コシヒカリ」は5%高の1万6389円だった。

 前年同月より下げたのは5銘柄。北海道「ゆめぴりか」が10%安の1万5073円、福岡「夢つくし」は3%安の1万5070円となった。

 相対取引数量は29万7749トンで前年同月より21.7%多く、順調なペースで進んでいる。

 関東の米卸は「飼料用米政策などでB銘柄を中心に不足感があり、欲しい価格・品質の米を早めに確保しようとする動きがある」とみる。

0.2%高 B銘柄を中心に引き 12月の米相対価格

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  5. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  10. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良。5000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top