12月の米相対価格0.2%高、B銘柄を中心に引き

インバウンド・地域活性

 農水省が15日公表した2015年産米の12月の相対取引価格は、全銘柄平均で前月から0.2%(22円)の小幅上げで、60キロ1万3245円となった。前年同月に比べると9.1%(1103円)高い。同省は「低価格帯の米への引き合いが強まり、全体の水準を押し上げている」(農産企画課)とみる。
 相対取引価格は前年産と比較可能な85銘柄のうち80銘柄が前年同月より高くなっている。主な銘柄では、栃木「あさひの夢」が前年同月比36%高の1万1915円、群馬「あさひの夢」が33%高の1万1636円、青森「つがるロマン」が21%高の1万1595円、青森「まっしぐら」が18%高の1万1510円などとなった。

 富山「コシヒカリ」は11%高の1万4549円、秋田「あきたこまち」が10%高の1万3027円、新潟・一般「コシヒカリ」は5%高の1万6389円だった。

 前年同月より下げたのは5銘柄。北海道「ゆめぴりか」が10%安の1万5073円、福岡「夢つくし」は3%安の1万5070円となった。

 相対取引数量は29万7749トンで前年同月より21.7%多く、順調なペースで進んでいる。

 関東の米卸は「飼料用米政策などでB銘柄を中心に不足感があり、欲しい価格・品質の米を早めに確保しようとする動きがある」とみる。

0.2%高 B銘柄を中心に引き 12月の米相対価格

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

    東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  5. 叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 藤田観光が箱根小涌園を再開発、多様化する「個」のニーズに対応

  8. 東急東横線の渋谷旧線跡開発、『日本一訪れたい街』を目指す!

  9. 東海環状道・岐阜山県トンネルが起工

  10. 東京ディズニーランドの大規模再開発、大型劇場を新設!

アクセスランキングをもっと見る

page top