12月の米相対価格0.2%高、B銘柄を中心に引き

インバウンド・地域活性

 農水省が15日公表した2015年産米の12月の相対取引価格は、全銘柄平均で前月から0.2%(22円)の小幅上げで、60キロ1万3245円となった。前年同月に比べると9.1%(1103円)高い。同省は「低価格帯の米への引き合いが強まり、全体の水準を押し上げている」(農産企画課)とみる。
 相対取引価格は前年産と比較可能な85銘柄のうち80銘柄が前年同月より高くなっている。主な銘柄では、栃木「あさひの夢」が前年同月比36%高の1万1915円、群馬「あさひの夢」が33%高の1万1636円、青森「つがるロマン」が21%高の1万1595円、青森「まっしぐら」が18%高の1万1510円などとなった。

 富山「コシヒカリ」は11%高の1万4549円、秋田「あきたこまち」が10%高の1万3027円、新潟・一般「コシヒカリ」は5%高の1万6389円だった。

 前年同月より下げたのは5銘柄。北海道「ゆめぴりか」が10%安の1万5073円、福岡「夢つくし」は3%安の1万5070円となった。

 相対取引数量は29万7749トンで前年同月より21.7%多く、順調なペースで進んでいる。

 関東の米卸は「飼料用米政策などでB銘柄を中心に不足感があり、欲しい価格・品質の米を早めに確保しようとする動きがある」とみる。

0.2%高 B銘柄を中心に引き 12月の米相対価格

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

    8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  2. インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

    インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  3. 訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展

    訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  5. 日本橋兜町再開発、「国際金融都市東京」構想の一翼を担う街づくりへ

  6. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 東京・杉並区高円寺地域小・中一貫校整備、延べ1.8万平米、17年2月着工

  9. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  10. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top