人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!? 画像 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

マネジメント

 ディスコは18日、就職意識調査「キャリタス就活 学生モニター調査」の結果を発表。就職先企業を選ぶ際に重視する点として「将来性がある」、「給与・待遇が良い」、「福利厚生が充実している」、「職場の雰囲気が良い」が上位に挙がった。

 この調査は2017年卒業予定者を対象に、1月1日時点で実施したもの。昨年同時点の調査とよく似た傾向が見られるが、順位や割合を細かく比較すると、今年の就活学生の特徴が見えてくる。

 調査では「将来性がある」が一番人気となったが、割合は昨年の47.9%から46.4%へと1.5ポイント減った。逆に、今年2位の「給与・待遇が良い」は37.3%から41.9%へ4.6ポイント、3位の「福利厚生が充実している」は36.1%から39.4%へ3.1ポイント増加している。

 また、雰囲気が良いと思える職場の要素を尋ねると、「ワークライフバランスを重視している」、「役職や年齢に関係なく自由に物が言える」、「アットホーム」、「部門間の交流やコミュニケーションが盛ん」が上位となった。この傾向も昨年同様だが、1位は昨年の「ワークライフバランスを重視している」から、「役職や年齢に関係なく自由に物が言える」と入れ替わっている。

 こうした結果から、今年、就活に臨む学生は昨年と比べ、給与・待遇や福利厚生を重視し、ワークライフバランスに積極的な企業を志向する傾向が見られる。企業の人事担当者は、特にこれらを強くPRすることで、より多くの就活学生を集められそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤/H14》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 【回転窓】外国人が見た日本の魅力

    【回転窓】外国人が見た日本の魅力

  4. トヨタ首位陥落、新車販売はスバル以外7社が前年割れ……新聞からみる自動車業界

  5. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  7. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  8. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  9. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  10. ホテル不足や料金高騰、企業の7割「認識」…対策は?

アクセスランキングをもっと見る

page top