三重県が県産品のアジア販路拡大で打ち出した秘策とは? 画像 三重県が県産品のアジア販路拡大で打ち出した秘策とは?

インバウンド・地域活性

 三重県は県産品のアジア圏への販路拡大をめざし、商品の輸送費の一部を助成するという新たな一手に打って出た。ヤマト運輸やANA Cargoと「三重県産品の販路拡大に向けた連携協定」を18日に締結。県庁にて調印式を行なった。

 ヤマト運輸とANA Cargoはパートナーシップを結び、沖縄を国際物流のハブ基点としたアジア圏への物流ネットワークを構築している。今回の協定により、県産品を同ネットワークの沖縄経由で、アジア圏へと販路拡大を図る。

 5月の「伊勢志摩サミット」開催に向けて注目度が高まるなか、観光PRを積極的に実施している三重県。昨年11月にはANA Cargoを率いるANAホールディングスと「包括連携に関する覚書」を締結し、那覇空港までの国内輸送費を助成する「沖縄国際物流ハブを活用した三重県産品輸出支援事業」を創設している。

 今回の協定では同事業に参画している県内事業者を対象に、県内から那覇空港までの国内輸送費を最大50%助成する。加えて、県内事業者と海外バイヤーのマッチングをサポート。ヤマト運輸とANA Cargoは、アジア圏へ最短翌日に輸送する小口保冷輸送サービスを提供するほか、輸出支援セミナーの開催、輸出手続きの支援などを行なう。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  4. 大阪、2025年の万博候補地を夢洲に集約。カジノを含む統合型リゾートも

  5. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  6. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  7. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  8. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  9. ~HJ HJ EYE:7~新しい「つながり」で始めるパブリックベンチャー

  10. みなとみらい21の「横浜グローバルMICE」、国際競争力強化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top