三重県が県産品のアジア販路拡大で打ち出した秘策とは? 画像 三重県が県産品のアジア販路拡大で打ち出した秘策とは?

インバウンド・地域活性

 三重県は県産品のアジア圏への販路拡大をめざし、商品の輸送費の一部を助成するという新たな一手に打って出た。ヤマト運輸やANA Cargoと「三重県産品の販路拡大に向けた連携協定」を18日に締結。県庁にて調印式を行なった。

 ヤマト運輸とANA Cargoはパートナーシップを結び、沖縄を国際物流のハブ基点としたアジア圏への物流ネットワークを構築している。今回の協定により、県産品を同ネットワークの沖縄経由で、アジア圏へと販路拡大を図る。

 5月の「伊勢志摩サミット」開催に向けて注目度が高まるなか、観光PRを積極的に実施している三重県。昨年11月にはANA Cargoを率いるANAホールディングスと「包括連携に関する覚書」を締結し、那覇空港までの国内輸送費を助成する「沖縄国際物流ハブを活用した三重県産品輸出支援事業」を創設している。

 今回の協定では同事業に参画している県内事業者を対象に、県内から那覇空港までの国内輸送費を最大50%助成する。加えて、県内事業者と海外バイヤーのマッチングをサポート。ヤマト運輸とANA Cargoは、アジア圏へ最短翌日に輸送する小口保冷輸送サービスを提供するほか、輸出支援セミナーの開催、輸出手続きの支援などを行なう。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  6. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  7. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top