東北地区の公共工事、15年4~12月は請負額が震災後初の減少 画像 東北地区の公共工事、15年4~12月は請負額が震災後初の減少

インバウンド・地域活性

 東日本建設業保証宮城支店は14日、15年度第1~第3四半期(4~12月)の前払金保証実績を発表した。総保証件数は2万4722件(前年同期比10・3%減)で、総請負金額は2兆0370億円(8・1%減)だった。東日本大震災の発災後、総請負金額がマイナスに転じるのはこれが初めて=グラフ参照。震災前に比べると依然として高い水準にあるものの、需要のピークは過ぎた模様だ。請負金額を県別で見ると、宮城を除いて軒並み減少となった。
 発注者別の請負金額は、国が3513億円(8・7%減)、独立行政法人などが1726億円(2・9%増)、県が5821億円(7・6%減)、市町村が8607億円(6・1%減)、そのほかが626億円(41・8%減)などとなっている。
 県別の請負金額は、青森が1362億円(8・3%減)、岩手が4146億円(5・5%減)、宮城が6273億円(7・7%増)、秋田が1123億円(7・2%減)、山形が1280億円(25・1%減)、福島が6185億円(18・1%減)。
 宮城では、都市再生機構による女川町での復興工事が影響して、独立行政法人などが前年同期比90・9%増と大幅に伸び、全体を底上げた。岩手では、前年度にかさ上げ工事や道路整備、災害公営住宅の建設など復興関連の大型案件があった反動から、国や県、独立行政法人などが減少し、全体ではマイナスとなった。
 福島では除染工事が大幅に減ったため、市町村が同27・2%減となったことで全体としても落ち込んだ。青森ではそのほかが、秋田では国が、山形では県が、最も減少額が大きかった。
 15年12月単月の総保証件数は1993件(前年同月比10・7%減)、総請負金額は1604億円(9・7%減)だった。発注者別では市町村が大きく減少した。
 県別の請負金額は、▽青森=59億円(5・2%増)▽岩手=210億円(33・7%減)▽宮城=794億円(65・4%増)▽秋田=28億円(11・1%増)▽山形=47億円(45・9%減)▽福島=465億円(42・6%減)-だった。

東北地区15年4~12月の公共工事/請負額8・1%減、震災後初の減少/東保証宮城

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 大和リゾート、インバウンドに向け都市型ホテル事業参入

  5. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  6. 常滑市の大規模展示場整備、展示会需要の取り込みを図る

  7. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top