五輪競技3施設の建設プロジェクト始動、各事業者と2月契約 画像 五輪競技3施設の建設プロジェクト始動、各事業者と2月契約

インバウンド・地域活性

 2020年東京五輪で使用される競技施設が集積する東京都江東区で、新たに「オリンピックアクアティクスセンター」(水泳)、「有明アリーナ」(バレーボール)、「海の森水上競技場」(ボート、カヌー)の3施設の建設プロジェクトが始動する。東京都財務局は14日、実施設計と施工を一括するデザインビルド(DB)発注方式を採用した3施設の一般競争入札(WTO対象)を開札し、設計・施工を行う事業者を決定した。2月17日開会の16年第1回定例都議会で承認を得て、各事業者と契約を結ぶ。
 「オリンピックアクアティクスセンター(仮称)(27)新築工事」の実施設計と施工を担当するのは大林組・東光電気工事・エルゴテック・東洋熱工業異業種JVに決定した。落札額は435億円。予定価格は498億5365万8000円だった。
 同JVは、建築、電気、給排水衛生、空調の各工事を担当する四つのJVで構成する。建築は大林組・鉄建・西武建設・TSUCHIYAJV、電気は東光電気工事・栗原工業・新生テクノスJV、給排水衛生はエルゴテック・櫻井工業・池田煖房工業JV、空調は東洋熱工業・大成温調JVがそれぞれ担当する。
 建設地は江東区辰巳2の2。施設規模はS一部SRC・RC造5階建て延べ約7万7000平方メートルの規模で、五輪後は延べ約4万6000平方メートルに減築する。
 工期は19年12月20日まで。基本設計は山下設計が担当した。
 □有明アリーナは竹中工務店JVに□
 「有明アリーナ(仮称)(27)新築工事」の実施設計と施工を担当するのは竹中工務店・東光電気工事・朝日工業社・高砂熱学工業異業種JVで、落札額は333億6000万円。予定価格は334億2171万2000円だった。同工事は建築、電気、給排水衛生、空調の四つの工事に分けて施工を進める。同JVでは建築は竹中工務店・鉄建・福田組・株木建設・京王建設JV、電気は東光電気工事・トーエネック・栗原工業JV、給排水衛生は朝日工業社・大橋エアシステムJV、空調は高砂熱学工業・東洋熱工業JVがそれぞれ担当する。工事場所は江東区有明1の9。施設規模はRC一部S・SRC造5階建て延べ約4万5600平方メートル。工期は19年12月9日まで。基本設計は久米設計が担当した。
 □海の森水上競技場は大成建設JVが落札□
 「平成27年度海の森水上競技場整備工事」の実施設計・施工者は大成建設・東洋建設・水ing・日立造船異業種JVに決定した。落札額は230億5400万円。予定価格は230億5429万6000円だった。
 工事は河川、建築、ポンプ据え付け、水門門扉の四つに分割。同JVでは河川は大成建設・五洋建設・佐藤工業・岩田地崎建設JV、建築工事は東洋建設・大末建設JV、ポンプ据え付けは水ing、水門門扉は日立造船がそれぞれ担当する。
 建設地は江東区青海3丁目地先。延長約350メートルの締め切り堤などの港湾施設や、水門2基、揚排水施設各1カ所、S造2階建て延べ6000平方メートルの競技関連棟2棟などを整備する。
 工期は19年3月28日まで。基本設計はパシフィックコンサルタンツが担当した。

東京都財務局/五輪競技3施設、DB方式で始動/アクアティクスセンターは大林組JV

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  2. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 原宿駅改修、五輪前に完了?

  5. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  6. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  7. 岡山県・津山文化センター、新築ではなく大規模改修で長寿命化を

  8. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top