五輪競技3施設の建設プロジェクト始動、各事業者と2月契約 画像 五輪競技3施設の建設プロジェクト始動、各事業者と2月契約

インバウンド・地域活性

 2020年東京五輪で使用される競技施設が集積する東京都江東区で、新たに「オリンピックアクアティクスセンター」(水泳)、「有明アリーナ」(バレーボール)、「海の森水上競技場」(ボート、カヌー)の3施設の建設プロジェクトが始動する。東京都財務局は14日、実施設計と施工を一括するデザインビルド(DB)発注方式を採用した3施設の一般競争入札(WTO対象)を開札し、設計・施工を行う事業者を決定した。2月17日開会の16年第1回定例都議会で承認を得て、各事業者と契約を結ぶ。
 「オリンピックアクアティクスセンター(仮称)(27)新築工事」の実施設計と施工を担当するのは大林組・東光電気工事・エルゴテック・東洋熱工業異業種JVに決定した。落札額は435億円。予定価格は498億5365万8000円だった。
 同JVは、建築、電気、給排水衛生、空調の各工事を担当する四つのJVで構成する。建築は大林組・鉄建・西武建設・TSUCHIYAJV、電気は東光電気工事・栗原工業・新生テクノスJV、給排水衛生はエルゴテック・櫻井工業・池田煖房工業JV、空調は東洋熱工業・大成温調JVがそれぞれ担当する。
 建設地は江東区辰巳2の2。施設規模はS一部SRC・RC造5階建て延べ約7万7000平方メートルの規模で、五輪後は延べ約4万6000平方メートルに減築する。
 工期は19年12月20日まで。基本設計は山下設計が担当した。
 □有明アリーナは竹中工務店JVに□
 「有明アリーナ(仮称)(27)新築工事」の実施設計と施工を担当するのは竹中工務店・東光電気工事・朝日工業社・高砂熱学工業異業種JVで、落札額は333億6000万円。予定価格は334億2171万2000円だった。同工事は建築、電気、給排水衛生、空調の四つの工事に分けて施工を進める。同JVでは建築は竹中工務店・鉄建・福田組・株木建設・京王建設JV、電気は東光電気工事・トーエネック・栗原工業JV、給排水衛生は朝日工業社・大橋エアシステムJV、空調は高砂熱学工業・東洋熱工業JVがそれぞれ担当する。工事場所は江東区有明1の9。施設規模はRC一部S・SRC造5階建て延べ約4万5600平方メートル。工期は19年12月9日まで。基本設計は久米設計が担当した。
 □海の森水上競技場は大成建設JVが落札□
 「平成27年度海の森水上競技場整備工事」の実施設計・施工者は大成建設・東洋建設・水ing・日立造船異業種JVに決定した。落札額は230億5400万円。予定価格は230億5429万6000円だった。
 工事は河川、建築、ポンプ据え付け、水門門扉の四つに分割。同JVでは河川は大成建設・五洋建設・佐藤工業・岩田地崎建設JV、建築工事は東洋建設・大末建設JV、ポンプ据え付けは水ing、水門門扉は日立造船がそれぞれ担当する。
 建設地は江東区青海3丁目地先。延長約350メートルの締め切り堤などの港湾施設や、水門2基、揚排水施設各1カ所、S造2階建て延べ6000平方メートルの競技関連棟2棟などを整備する。
 工期は19年3月28日まで。基本設計はパシフィックコンサルタンツが担当した。

東京都財務局/五輪競技3施設、DB方式で始動/アクアティクスセンターは大林組JV

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  2. JR宇都宮駅東口地区整備方針/コンベンション施設や商業施設整備を

    JR宇都宮駅東口地区整備方針/コンベンション施設や商業施設整備を

  3. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

    羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  4. 両備グループ、イトーヨーカドー岡山店跡地再開発/屋上には小農園や水路も

  5. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  6. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  9. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  10. 愛知製鋼、CVT用熱間鍛造プレスラインを増設

アクセスランキングをもっと見る

page top