日本ハム、マレーシア大手の養鶏会社Lay Hongと資本業務提携 画像 日本ハム、マレーシア大手の養鶏会社Lay Hongと資本業務提携

海外進出

合弁会社設立にむけた覚書に合意
日本ハム株式会社(日本ハム)は、8日、第三者割当増資の引き受け及び合弁会社の設立にむけたLay Hong Berhad社(Lay Hong社)との資本業務提携における基本合意覚書の締結を発表した。
同社は、Lay Hong社との協力体制のもと、高付加価値加工食品を製造、販売する合弁会社を設立、日本ハムの商品開発力、製造と品質管理のノウハウそして、Lay Hong社の物流、販売機能を活かした事業運営を行う。

グローバル企業への加速を目指す
Lay Hong社は、1983年9月設立。セランゴール州クランに本拠地を置き、養鶏や鶏肉食品の加工販売などを手がける統合型養鶏事業の大手企業。マレーシアのみならず、周辺諸国における評価も高く、長期にわたり培った経験と実績による高いブランド力を持つ。

日本ハムグループは、「変革による骨太なビジネスモデルの構築」をテーマとした中期経営計画のもと、その経営方針の一つとして、「グローバル企業への加速」を掲げ海外事業の拡充を図る。

同社は、需要拡大が見込まれる東南アジア地域でのプレゼンスの向上を目指す中で合意に至った今回の資本業務提携を、Lay Hong社との強固な協力体制を基盤に、互いの経営資源や強みを活かす事業展開を可能とし、両社の企業価値向上に資するものとしている。

(画像は日本ハムHPより)

日本ハム Lay Hong社と資本業務提携

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  2. ドン・キホーテがバンコクで商業施設開発、シンガポールに続く2カ国目

    ドン・キホーテがバンコクで商業施設開発、シンガポールに続く2カ国目

  3. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  4. キングスオート社長が語る香港中古車ビジネス

  5. “プレモーターリゼーション期”のベトナム自動車市場が伸びる理由

  6. レオパレス21がジャカルタ進出、日系企業向け社宅・オフィス紹介

  7. ~国産家具を世界へ!:2~インバウンドを世界市場につなげる

  8. スペイン産豚の輸入量が3倍に。冷凍品は米国産よりお買い得!

  9. シンガポールで空港ターミナルビルは竹中工務店に。18年半ばに完成予定

  10. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

アクセスランキングをもっと見る

page top