パウチ酒続々…酸化防止パウチ入りの清酒、菊水が拡充 画像 パウチ酒続々…酸化防止パウチ入りの清酒、菊水が拡充

インバウンド・地域活性

 菊水酒造がスマートパウチ入りの日本酒パック「ふなぐち菊水一番しぼり スマートパウチ1500ml」を発売。2月18日から出荷を開始する。

 日本酒などの酒類は、近年各社がパウチパック入りの商品をラインナップするようになっている。飲み口付きのポケットサイズの商品や、900mlなどの大型サイズなどさまざまなバリエーションがある。飲み終わったあと小さくして捨てられる点や、持ち運びのしやすさなどコンパクトさが売りの一つだ。冷凍してシャーベット状にして楽しむというコンセプトの商品も展開されている。

 菊水酒造のスマートパウチはこうしたコンパクトさに加え、光に加えて空気が入らない構造になっているのが大きな特徴。開栓後も内部に空気が侵入せず、清酒の酸化を防ぐため、蔵出し時の鮮度を保ち続けられる。

 空気に触れない構造のパウチパックで酸化を防ぐ商品としては、2010年頃に醤油でヒット商品が生まれている。スマートパウチはその日本酒版といえるだろう。

 菊水のスマートパウチ入り商品は、2014年5月に第1弾として「菊水 白 スマートパウチ」が発売。その後に「菊水の辛口 スマートパウチ」が追加され、今回のふなぐち菊水一番しぼりが第3弾となる。ラインナップが拡充された形だ。

 ふなぐち菊水一番搾りは、発酵を終えた醪(もろみ)を清酒と酒粕に分離する酒槽(ふね)から流れ出たしぼりたての清酒を、加熱殺菌もアルコール分の加水調整もせず詰めた商品。スマートパウチ入りのため、大容量でも最後までしぼりたての鮮度を保たれる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「フリー乗車券」は高速バスのFIT対策に有効か?

    「フリー乗車券」は高速バスのFIT対策に有効か?

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 高速バスが先手!京急と東急による「羽田空港―大崎駅線」開始

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  10. 鹿島、洋上風車の急速施工法確立…複数作業構台で別工種同時施工

アクセスランキングをもっと見る

page top