「働ける美術館」、30分で目標資金を集め4月オープンへ 画像 「働ける美術館」、30分で目標資金を集め4月オープンへ

インバウンド・地域活性

 オフィスに代わって美術館で働こう…そんな「働ける美術館」をコンセプトにしたスペースの設立をめざしてクラウドファンディングが行われ、募集開始30分で目標額の50万円を集めた。

 働ける美術館をコンセプトにしたスペース・ARTHOUSEは、主にワンルームなどの遊休スペースをリフォームし、絵画などを設置。美術館を「創造的な思索ができる場所」と捉えて、ワークスペースとして提供していく。

 1号店となるスペースは西新宿にオープン予定。「和の美術館」をコンセプトに、飛び石や、畳や障子、木で創られたトンネルなどを敷地内に設置する。7時から23時までの営業で、1時間から1日使い放題まで、時間単位で使用できる。また、平日使い放題などの月額会員プランも用意される。

 席数は6席で、貸し切りの場合は8名まで利用可能。なお、スペースに掲げる絵画は事前に予約することもできる。

 1号店オープンは4月を予定。すでに目標金額を達成しているが、クラウドファンディングは継続中で、追加支援も受け付けている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本橋、世界に通じる“ディープ問屋街”を目指す!

    日本橋、世界に通じる“ディープ問屋街”を目指す!

  2. イノシシ侵入防止!ネット×電気柵の新作

    イノシシ侵入防止!ネット×電気柵の新作

  3. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

    【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  4. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  5. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 狩猟者の人材バンク制度を開始 福井県と県猟友会

  8. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 地域ブランド続々、広島で9日に「えたじまブランド」認定式

アクセスランキングをもっと見る

page top