今度はLINEで宅急便、ヤマト運輸がLINE連携サービス開始 画像 今度はLINEで宅急便、ヤマト運輸がLINE連携サービス開始

IT業務効率

 ヤマト運輸が宅急便にLINEを活用したサービスをスタートさせる。LINE公式アカウントを開設し、LINEから不在連絡や荷物の問い合わせ、集荷依頼などができる。

 新たに始められるサービスでは、ヤマト運輸のクロネコIDとLINEを連携させ、トーク画面で荷物の配達予定や不在連絡を通知するもの。また、LINEから「荷物問い合わせ」「集荷の依頼」「再配達の依頼」「料金・届け日の検索」も行える。

 サービスは1月19日の昼頃からスタート。今後はさらに送り状をLINEで作成できるサービスなど、荷物の送付・受け取りをLINEで完結できる環境の構築をめざすという。

 LINEを使ったサービスとしては、タクシーの配車やピザの配達といった事業を各社が提供している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付けがサイト集客増に!

    【AIで変わる経営:1】分析による裏付けがサイト集客増に!

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

  5. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  6. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  7. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  8. 進むIoT化! 日清食品がIoTを活用した新工場建設を発表

  9. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  10. 教育ICT市場、2020年には2,403億円規模……富士キメラ総研

アクセスランキングをもっと見る

page top