マレーシアの貿易総額評価、15年11月は輸入・輸出とも増加 画像 マレーシアの貿易総額評価、15年11月は輸入・輸出とも増加

海外進出

輸出は、6.3%の増加
マレーシア統計局から1月7日木曜日、2015年11月の貿易統計が発表された。

2015年11月、貿易統計総額評価は、1,250億リンギット、2014年11月との前年比ベースで7.6%、88億リンギットの増加、輸出は、6.3%、676億リンギットの増加、輸入は、9.1%、574億リンギットの増加。

月ベースでは、貿易統計総額は、10.4%、144億リンギットの減少、輸出が10.8%、82億リンギットの減少、輸入も9.8%、63億リンギットの減少。

貿易主要国と割合
2015年1月から11月までの貿易総額は、13,370億リンギット、貿易の主要国は、トップが中国で15.8%、2番がシンガポールで13%、3番が欧州連合(EU)10.1%、4番がアメリカ合衆国で8.8%、5番が日本で8.7%。

6番は、タイで5.9%、7、8番、台湾とインドネシアで同じく4.1%、9番が韓国で3.9%、10番が香港で3.3%。

それぞれの輸出、輸入国別統計
2015年1月から11月総輸出額は、7,116億リンギット、総輸入額は、6,253億リンギット、輸出、輸入ともに一番多かったのは、中国で輸出が13.1%、輸入が18.8%、次がシンガポールで輸出が13.9%、輸入が12.0%、3番目は、欧州連合(EU)で輸出10.1%、輸入が10.2%。

前年比ベースで輸出に関しては、中国へ12億リンギット、台湾へ8億3,180万リンギット、アメリカ合衆国へ5億920万リンギット、韓国へ4億2,560万リンギット、欧州連合(EU)へ3億5,970万リンギット。

同じく前年比ベースで輸入に関しては、中国から17億リンギット、シンガポールから8億4,420万リンギット、アメリカ合衆国から6億2,530万リンギット、インドネシアから6億230万リンギット、韓国から5億9,900万リンギットとなっている。

(画像はマレーシア統計局プレスリリースより)

マレーシア、2015年11月の貿易収支

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 国交省、米国向けインフラ輸出に本腰/160兆円市場、メンテナンスとPPPに商機

    国交省、米国向けインフラ輸出に本腰/160兆円市場、メンテナンスとPPPに商機

  2. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  3. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

    繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

  4. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

  5. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  6. 住友商事、インドネシアのオートファイナンス事業の資本再編へ

  7. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  8. ブドウ用の新しい緩衝材、輸送中のロス率を抑える/輸出にも期待

  9. フジタら3社、ミャンマーで大規模複合開発/オフィスと商業施設のほかホテルも

  10. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

アクセスランキングをもっと見る

page top