現在地から津波到達までに移動すべき場所スマホで表示、芝浦工大

IT業務効率

 芝浦工業大学は、津波の到達位置と避難場所を可視化するシステムを開発した。モバイル端末に内蔵された衛星利用測位システム(GPS)装置で現在の位置情報を取得し、そこから津波が到達するまでに移動可能な範囲を表示する。優先的に避難可能な建物の名前や高さ、建物内の避難場所も一目で分かるようにする。
 「津波避難支援システム」は、情報工学科の米村俊一教授が開発した。瞬時の判断が難しいとされる「津波がいつ・どの程度の高さで自分のいる場所に到達するのか」「どの程度の緊急性を持って避難すべきか」といった情報を地図上で分かりやすく示す。避難場所は安全度に応じて4段階で色分け表示する。
 スマートフォンやタブレット用に設計された現段階のシステムは、東京都江東区周辺の想定データを基にしたプロトタイプ。今後、各種行政情報も連動させることができるアプリケーションとして完成させるために、共同開発企業を探す。

芝浦工業大学/津波到達位置と避難場所をモバイル端末に表示/可視化システム開発

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

    【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. EV航続距離を500km以上にする大容量リチウム空気電池

    EV航続距離を500km以上にする大容量リチウム空気電池

  4. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  5. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  6. 進むIoT化! 日清食品がIoTを活用した新工場建設を発表

  7. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  8. 【特集・スマート決済】他社連携でさらに広がる「Airレジ」

  9. ~ポストものづくり時代:5~低成長時代に生き残る戦略

  10. シャープの食材宅配サービス「ヘルシオデリ」/AIoTで有名シェフの料理も自動調理

アクセスランキングをもっと見る

page top