現在地から津波到達までに移動すべき場所スマホで表示、芝浦工大

IT業務効率

 芝浦工業大学は、津波の到達位置と避難場所を可視化するシステムを開発した。モバイル端末に内蔵された衛星利用測位システム(GPS)装置で現在の位置情報を取得し、そこから津波が到達するまでに移動可能な範囲を表示する。優先的に避難可能な建物の名前や高さ、建物内の避難場所も一目で分かるようにする。
 「津波避難支援システム」は、情報工学科の米村俊一教授が開発した。瞬時の判断が難しいとされる「津波がいつ・どの程度の高さで自分のいる場所に到達するのか」「どの程度の緊急性を持って避難すべきか」といった情報を地図上で分かりやすく示す。避難場所は安全度に応じて4段階で色分け表示する。
 スマートフォンやタブレット用に設計された現段階のシステムは、東京都江東区周辺の想定データを基にしたプロトタイプ。今後、各種行政情報も連動させることができるアプリケーションとして完成させるために、共同開発企業を探す。

芝浦工業大学/津波到達位置と避難場所をモバイル端末に表示/可視化システム開発

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

    民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

  2. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

    君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

  3. お堅い独立行政法人がバズる動画を作るまでの物語

    お堅い独立行政法人がバズる動画を作るまでの物語

  4. 東京五輪のマラソン、レジェンドが「遮熱性舗装」に太鼓判!

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

  7. 建研、西武建設ら中高層建物のドローン点検実験公開/吹き付け塗装の模擬施工も

  8. 泥汚れに強い洗濯機を開発!家電メーカーと農業女子コラボ

  9. 自動運転時代、無人バスの運賃支払いはどうなる?

  10. ~ITで攻めの農業:3~圃場のクラウド管理で一等米を増産!

アクセスランキングをもっと見る

page top