現在地から津波到達までに移動すべき場所スマホで表示、芝浦工大

IT業務効率

 芝浦工業大学は、津波の到達位置と避難場所を可視化するシステムを開発した。モバイル端末に内蔵された衛星利用測位システム(GPS)装置で現在の位置情報を取得し、そこから津波が到達するまでに移動可能な範囲を表示する。優先的に避難可能な建物の名前や高さ、建物内の避難場所も一目で分かるようにする。
 「津波避難支援システム」は、情報工学科の米村俊一教授が開発した。瞬時の判断が難しいとされる「津波がいつ・どの程度の高さで自分のいる場所に到達するのか」「どの程度の緊急性を持って避難すべきか」といった情報を地図上で分かりやすく示す。避難場所は安全度に応じて4段階で色分け表示する。
 スマートフォンやタブレット用に設計された現段階のシステムは、東京都江東区周辺の想定データを基にしたプロトタイプ。今後、各種行政情報も連動させることができるアプリケーションとして完成させるために、共同開発企業を探す。

芝浦工業大学/津波到達位置と避難場所をモバイル端末に表示/可視化システム開発

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

    【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. 接近車両を検知する自転車用後方レーダー

    接近車両を検知する自転車用後方レーダー

  4. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  5. 【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

  6. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  7. VRによるショッピングの未来、VRコマース

アクセスランキングをもっと見る

page top