2015年の企業倒産件数、帝国データバンクが発表 画像 2015年の企業倒産件数、帝国データバンクが発表

マネジメント

帝国データバンクが発表した2015年(1-12月)の全国企業倒産集計によると、倒産件数は前年比7.2%減の8517件と、6年連続で前年を下回り、2005年以来、10年ぶりに9000件を下回った。

企業の資金調達や経営環境が改善傾向の中、全業種、全地域で前年比減少した。しかし四半期ベースでみると、第3四半期まで一貫して減少基調で推移していたものの、第4四半期は、2013年第2四半期以来、10四半期ぶりの前年同期比増加に転じた。

負債総額は同7.7%増の2兆108億800万円と、3年ぶりの前年比増加となった。四半期ベースでみると、第2四半期を除く3四半期で前年同期を上回り、特に第3四半期以降は、2四半期連続で前年同期比2ケタの大幅増加となった。負債トップは、ラムスコーポレーションの1400億円。大型倒産は、各種金融支援や大企業を中心とした好業績などを背景に、低水準にとどまるも、負債1000億円以上の倒産は3件(前年1件)発生した。

業種別に見ると、全7業種で前年を下回った。中でも建設業(前年比13.3%減)、運輸・通信業(同16.5%減)、不動産業(同15.4%減)の3業種は前年比2ケタの大幅減少。また、建設業は7年連続で、製造業(同2.0%減)は6年連続で減少し、ともに2000年以降で最少だった前年をさらに下回った。

2015年の企業倒産件数、6年連続の減少…帝国データバンク

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン15年4~12月期決算、民間受注好調、大半が通期の7割超達成

    主要ゼネコン15年4~12月期決算、民間受注好調、大半が通期の7割超達成

  2. 道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

    道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 【倒産情報】レディスアパレル「2%TOKYO」が自己破産

  5. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  6. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  7. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  8. 設備工事各社がクリーンルーム製品・技術充実、設備投資増を狙い

  9. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  10. 乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省

アクセスランキングをもっと見る

page top