ワイン以上に温度管理重要…中田英寿発案で日本酒セラー開発始動 画像 ワイン以上に温度管理重要…中田英寿発案で日本酒セラー開発始動

インバウンド・地域活性

 日研トータルソーシングが「モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」プロジェクトの第3弾として、「日本酒セラー開発プロジェクト」をスタートさせた。サッカー元日本代表の中田英寿氏発案のプロジェクトとなる。

 「モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」は、ものづくりの真価を未来に伝えていくことをめざしたプロジェクト。第3弾となる今回のプロジェクトは、国内250か所以上の酒蔵を訪問した経験を持つ中田英寿氏の発案で始動した。各酒蔵でそれぞれ異なる温度で日本酒を貯蔵していくことを知ったことから、ワインセラーのように日本酒を適切な温度で管理するための日本酒セラー開発を思いついたという。

 13日に行われた発表会では、中田英寿氏のほか、日研トータルソーシングの清水浩二社長、プロダクトデザイン担当でデザインオフィス「nendo」代表の佐藤オオキ氏、磯自慢酒造社長の寺岡洋司氏、高木酒造15代目の高木顕統氏らが登壇。中田氏は「日本酒はワインと同じかそれ以上に温度管理が難しい」と説明し、「日本酒を温度管理する文化や考え方を発信したい」と意気込みを語った。プロジェクトでは開発のプロセスを公開し、ものづくりの楽しさを伝えていくことも狙う。

 温度管理が必要となる高級日本酒が普及し始めたのは30年前頃から。ワインなどに比べ、温度管理を行うことの重要性はまだあまり認知されていない。日本酒セラーの開発は、日本酒をめぐる文化に新たな習慣を加えるきっかけになるかもしれない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

    熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. 【熊本地震】国交省が盛り土造成宅地の耐震化支援を強化、補助率かさ上げや対象追加

アクセスランキングをもっと見る

page top