【ウェアラブルEXPO】ベルトでスマホを充電!? 薄さ0.38mmで折り曲げ自在 画像 【ウェアラブルEXPO】ベルトでスマホを充電!? 薄さ0.38mmで折り曲げ自在

イベント

 台湾のプロロジウム テクノロジー社は13日、東京ビッグサイトで開催中の「ウェアラブルEXPO」で、リチウムセラミック電池「FLCB」についての展示を行った。

 これは世界で初めてFPC(Flexible Printed Circuit)を基盤材に採用した固体化電池となる。薄さ0.38mmの板状に形成されており、湾曲や衝撃に対する耐久性が非常に高い。このためウェアラブルに利用しても、液漏れや爆発の心配が無いという。

 会場では切断された状態のFLCBが展示されていたが、電極をつなぐと電球に明かりを灯すことができた。ただ、外部的要因で切断されると劣化を招くため、そのまま使い続けることはできないようだ。

 エネルギー密度は750~850Wh/Lで、一般的なリチウムバッテリーに並ぶという。外殻が必要ないのでデバイスの薄型化に貢献でき、自在な形に成型が可能。薄さが必要なカード端末や、安全性とフレキシブルさが求められるウェアラブル端末とは相性が良さそうだ。ただし、急速充電には対応しないため、参考出展されていたスマホケース内蔵バッテリー(容量2915mAh)などは、基本的に充電に一晩かけるような使い方になるという。

 その他、会場ではベルトや時計のバックルなどに、FLCBを内蔵したプロトタイプが展示されていた。容量はベルト型で2000mAhとなり、スマホなどに給電可能。GPSや加速度センサーを内蔵しており、センサーデバイスとしても機能する。

 同社では16年から製造方法をロールで切り出す形にしたため、量産効果も期待できるとのこと。コスト面ではリチウムイオン電池などと、遜色のない状態に近づいているという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

    【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

  2. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  3. 【運輸・交通EXPO:2】トラックカーナビ、クラウドで月1万円台から!

    【運輸・交通EXPO:2】トラックカーナビ、クラウドで月1万円台から!

  4. 「競合しない」経営を目指せ!森永卓郎氏が語る「中小企業の今後」

  5. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

  6. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  7. 教育現場のICT、その最新動向とは?

  8. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  9. 【ウェアラブルEXPO】西陣織の技術が生み出す導電ミシン糸、自然な肌触りで洗濯も可能

アクセスランキングをもっと見る

page top