【ウェアラブルEXPO】ベルトでスマホを充電!? 薄さ0.38mmで折り曲げ自在 画像 【ウェアラブルEXPO】ベルトでスマホを充電!? 薄さ0.38mmで折り曲げ自在

イベント・セミナー

 台湾のプロロジウム テクノロジー社は13日、東京ビッグサイトで開催中の「ウェアラブルEXPO」で、リチウムセラミック電池「FLCB」についての展示を行った。

 これは世界で初めてFPC(Flexible Printed Circuit)を基盤材に採用した固体化電池となる。薄さ0.38mmの板状に形成されており、湾曲や衝撃に対する耐久性が非常に高い。このためウェアラブルに利用しても、液漏れや爆発の心配が無いという。

 会場では切断された状態のFLCBが展示されていたが、電極をつなぐと電球に明かりを灯すことができた。ただ、外部的要因で切断されると劣化を招くため、そのまま使い続けることはできないようだ。

 エネルギー密度は750~850Wh/Lで、一般的なリチウムバッテリーに並ぶという。外殻が必要ないのでデバイスの薄型化に貢献でき、自在な形に成型が可能。薄さが必要なカード端末や、安全性とフレキシブルさが求められるウェアラブル端末とは相性が良さそうだ。ただし、急速充電には対応しないため、参考出展されていたスマホケース内蔵バッテリー(容量2915mAh)などは、基本的に充電に一晩かけるような使い方になるという。

 その他、会場ではベルトや時計のバックルなどに、FLCBを内蔵したプロトタイプが展示されていた。容量はベルト型で2000mAhとなり、スマホなどに給電可能。GPSや加速度センサーを内蔵しており、センサーデバイスとしても機能する。

 同社では16年から製造方法をロールで切り出す形にしたため、量産効果も期待できるとのこと。コスト面ではリチウムイオン電池などと、遜色のない状態に近づいているという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/H14》

編集部おすすめの記事

特集

イベント・セミナー アクセスランキング

  1. 今年は水素関連技術に注目――「人とくるまのテクノロジー展」開催概要発表

    今年は水素関連技術に注目――「人とくるまのテクノロジー展」開催概要発表

  2. 愛知、ロボットセミナーを「メカトロテックジャパン」と同時開催 10月21-24日

    愛知、ロボットセミナーを「メカトロテックジャパン」と同時開催 10月21-24日

  3. 中小企業の「EC・越境EC支援イベント」が大阪で開催

    中小企業の「EC・越境EC支援イベント」が大阪で開催

  4. ウェアラブルの未来へ……最新端末と技術を展示する「ウェアラブルEXPO」が開幕

  5. 信州で持続可能な林業への挑戦、カラマツの間伐材を外壁パネルに

  6. 【国際ロボット展】人工筋肉内蔵「マッスルスーツ」に新たな展開、圧縮空気不要のスタンドアローンタイプも

  7. 【国際ロボット展】トラクターを無人化する「ロボトラ」、ヤンマーで実証実験進む

  8. NHK大河『真田丸』を中小企業の“生き残り劇”として見る

アクセスランキングをもっと見る

page top