【ウェアラブルEXPO】ペットの気持ちは「ルンルン」それとも「うざい」?……40種類の仕草を認識 画像 【ウェアラブルEXPO】ペットの気持ちは「ルンルン」それとも「うざい」?……40種類の仕草を認識

イベント

 動物行動の研究やコミュニケーションツールを開発するAnicallは13日、東京ビッグサイトで開催中の「ウェアラブルEXPO」で、犬や猫のキモチを伝える「しらせるアム」の展示を行った。

 これは首輪のようにペットに装着するデバイスとなる。9軸の速度計、地磁気センサー、ジャイロ、温湿度気圧計を内蔵しており、ペットの約40種類の行動を認識。それを元にペットの気持ちを、「ルンルン」「リラックス」「遊んで」「うざい」という4つのバロメーターで表示する。

 具体的には寝ている状態でも、伸びているのか、丸まっているのか、おなかを出しているのかなどを認識できるとのこと。他にも、座って顔を上げて何かを訴えかけているなど、ペットの仕草を細かく認識できるのが特徴となる。

 さらに、「食事評価」機能では、食べる勢いなどを解析することで、ペットの食事についての好みを判定。毎日の食事状態を記録することで、運動量センサーのログと合わせてペットの体調を管理できる。

 その他、迷子通知機能を搭載するほか、行動記録をクラウド上に蓄積(有料)することも可能。価格は9000円(税別)を想定しており、16年春に発売される予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【ウェアラブルEXPO】どんな眼鏡でも利用可能、メガネスーパーの後付けウェアラブル

    【ウェアラブルEXPO】どんな眼鏡でも利用可能、メガネスーパーの後付けウェアラブル

  2. 【ウェアラブルEXPO】ベルトでスマホを充電!? 薄さ0.38mmで折り曲げ自在

    【ウェアラブルEXPO】ベルトでスマホを充電!? 薄さ0.38mmで折り曲げ自在

  3. LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

    LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

  4. 【越境ECフェス】中国市場で大手に対抗、その出店ノウハウは?

  5. 【ギフト・ショー】i Phoneケースに描かれた東京・関西の路線図は「ホンモノの基板」

  6. 【新価値創造展2015】製品化された着るヒーター、通電繊維の未来とは?

  7. ドローンビジネスの可能性とは!? 26日にドローンDay開催

  8. 「農業ワールド」ドローンにIT、異業種参入すすむ農業ビジネスの今

  9. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  10. 【国際ロボット展】人工筋肉内蔵「マッスルスーツ」に新たな展開、圧縮空気不要のスタンドアローンタイプも

アクセスランキングをもっと見る

page top