【ウェアラブルEXPO】ペットの気持ちは「ルンルン」それとも「うざい」?……40種類の仕草を認識 画像 【ウェアラブルEXPO】ペットの気持ちは「ルンルン」それとも「うざい」?……40種類の仕草を認識

イベント

 動物行動の研究やコミュニケーションツールを開発するAnicallは13日、東京ビッグサイトで開催中の「ウェアラブルEXPO」で、犬や猫のキモチを伝える「しらせるアム」の展示を行った。

 これは首輪のようにペットに装着するデバイスとなる。9軸の速度計、地磁気センサー、ジャイロ、温湿度気圧計を内蔵しており、ペットの約40種類の行動を認識。それを元にペットの気持ちを、「ルンルン」「リラックス」「遊んで」「うざい」という4つのバロメーターで表示する。

 具体的には寝ている状態でも、伸びているのか、丸まっているのか、おなかを出しているのかなどを認識できるとのこと。他にも、座って顔を上げて何かを訴えかけているなど、ペットの仕草を細かく認識できるのが特徴となる。

 さらに、「食事評価」機能では、食べる勢いなどを解析することで、ペットの食事についての好みを判定。毎日の食事状態を記録することで、運動量センサーのログと合わせてペットの体調を管理できる。

 その他、迷子通知機能を搭載するほか、行動記録をクラウド上に蓄積(有料)することも可能。価格は9000円(税別)を想定しており、16年春に発売される予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. サービス業の人材不足をAIとロボットで乗り切る/Japan IT Week

    サービス業の人材不足をAIとロボットで乗り切る/Japan IT Week

  2. アジア圏の若者世代の動向を注視せよ!/インバウンド・観光ビジネス総合展

    アジア圏の若者世代の動向を注視せよ!/インバウンド・観光ビジネス総合展

  3. 【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド!

    【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド!

  4. 【国際ロボット展】ロボット配線たるみを解決、伸縮電線「ROBODEN」

  5. 「競合しない」経営を目指せ!森永卓郎氏が語る「中小企業の今後」

  6. 【ウェアラブルEXPO】どんな眼鏡でも利用可能、メガネスーパーの後付けウェアラブル

  7. Googleの提唱する働き方改革成功のポイント/ワークスタイル変革EXPO

  8. 今年度の「そろばん日本一」が決定

  9. 信州で持続可能な林業への挑戦、カラマツの間伐材を外壁パネルに

  10. 【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

アクセスランキングをもっと見る

page top