【ウェアラブルEXPO】ペットの気持ちは「ルンルン」それとも「うざい」?……40種類の仕草を認識 画像 【ウェアラブルEXPO】ペットの気持ちは「ルンルン」それとも「うざい」?……40種類の仕草を認識

イベント

 動物行動の研究やコミュニケーションツールを開発するAnicallは13日、東京ビッグサイトで開催中の「ウェアラブルEXPO」で、犬や猫のキモチを伝える「しらせるアム」の展示を行った。

 これは首輪のようにペットに装着するデバイスとなる。9軸の速度計、地磁気センサー、ジャイロ、温湿度気圧計を内蔵しており、ペットの約40種類の行動を認識。それを元にペットの気持ちを、「ルンルン」「リラックス」「遊んで」「うざい」という4つのバロメーターで表示する。

 具体的には寝ている状態でも、伸びているのか、丸まっているのか、おなかを出しているのかなどを認識できるとのこと。他にも、座って顔を上げて何かを訴えかけているなど、ペットの仕草を細かく認識できるのが特徴となる。

 さらに、「食事評価」機能では、食べる勢いなどを解析することで、ペットの食事についての好みを判定。毎日の食事状態を記録することで、運動量センサーのログと合わせてペットの体調を管理できる。

 その他、迷子通知機能を搭載するほか、行動記録をクラウド上に蓄積(有料)することも可能。価格は9000円(税別)を想定しており、16年春に発売される予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

    【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

  2. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  3. 【運輸・交通EXPO:2】トラックカーナビ、クラウドで月1万円台から!

    【運輸・交通EXPO:2】トラックカーナビ、クラウドで月1万円台から!

  4. 先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

  5. 「競合しない」経営を目指せ!森永卓郎氏が語る「中小企業の今後」

  6. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

  7. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  8. 【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド!

  9. 教育現場のICT、その最新動向とは?

  10. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

アクセスランキングをもっと見る

page top