大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発 画像 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

マネジメント

 大林組は12日、急カーブのある道路や鉄道のトンネル建設工事で連続ベルトコンベヤーを使って掘削土を搬出する新しい装置を開発したと発表した。急曲部でベルトの方向を変えるのに必要なベルト捻転装置を小型化。捻転角度を従来の90度から45度にしたことで、ベルコンを動かすための車輪のような回転体(プーリー)を減らし、装置の高さを約15%低くできる。長距離トンネルに導入し、工事の生産性・安全性の向上に役立てる。
 トンネル工事は近年、延長が数キロとなるケースがあるなど長距離化が進んでいる。長距離トンネル工事は数工区に分け並行して掘削するため、斜坑を設けることが多い。本坑との接合部は急激に角度が変化する急曲部となるため、安全でスムーズな掘削土の搬出が課題になる。
 連続ベルコンは、大量の掘削土を安全で効率的に搬出できる方法の一つ。ただ、急曲部に設置するベルト捻転装置は大型で、坑内の縦幅よりも高さがあるため、設置するための拡幅作業が必要となるなど使用条件が限られる。連続ベルコンと併用するダンプトラックによる搬出や斜坑と本坑をベルコンでそれぞれ接続させる乗り継ぎベルコンで搬出する方法も安全面や作業性が課題になっている。
 開発した「低空頭ベルト捻転装置」は、標準的な断面積のトンネル内に設置可能な省スペース型。斜坑と本坑一連の連続ベルコンで土砂を搬出できる。切羽から掘削土置き場までダンプで往復する際に生じる待ち時間の制約がなく、効率よく掘削作業が行える。
 乗り継ぎベルコン方式と比べ、坑内での設備の組み立て、解体作業が容易な上、ベルト延伸設備を坑外に集約できるため、坑内での揚重作業が減り、労務削減と工期短縮につながる。斜坑のある延長3000メートルの長距離本坑工事の場合、ダンプと乗り継ぎベルコンを併用するのに比べ、約10%のコスト削減になるという。
 坑内を往来するトラックが大幅に減少するため、排ガスや通行車両との接触災害の危険も減らせる。坑内での延長装置の設置やベルトの継ぎ足し作業を不要にし、挟まれ災害のリスクも低減できる。

大林組/急曲トンネル対応ベルト捻転装置開発/省スペースで連続土砂搬出可能

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

    東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

  2. 上半身に着るストッキング……パアグが「見せるインナー」開発

    上半身に着るストッキング……パアグが「見せるインナー」開発

  3. 職場のトラブルメーカーは上司? 同僚? 部下?

    職場のトラブルメーカーは上司? 同僚? 部下?

  4. 名刺の使い方で売上アップ!名刺管理活用術セミナー

  5. 京都の伝統と革新を“和える”若き女性起業家の思い

  6. 【解決!社長の悩み相談センター】第5回:脱サラ・起業は個人か法人か?

  7. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  8. ECサイトと実店舗のデータを相互に活用、購買意欲の喚起を図る

  9. 米育ち畜産物をブランドに、農水省の新事業

アクセスランキングをもっと見る

page top