【ウェアラブルEXPO】Beacon端末をウェアラブルする新提案、居場所検知や盗難防止などに

イベント・セミナー

電池レスのBeacon発信器。ペットの首輪に装着
  • 電池レスのBeacon発信器。ペットの首輪に装着
  • 電池レスのBeacon発信器は、ショッピングカートに装着する使い方も提案
  • 電池レスのBeacon発信器は、ショッピングカートに装着する使い方も提案
  • 薄型のBeacon発信器は、カードホルダーに入る大きさ
  • 薄型のBeacon発信器は、絆創膏のように衣服に取り付けることもできる
  • 蛍光灯内蔵のBeacon受信機
 半導体技術商社のイノテックは13日、東京ビッグサイトで開催中の「ウェアラブルEXPO」で、同社が開発のBeacon端末に関する展示を行った。

 今回展示された端末は主に3種類あり、そのうち2つがウェアラブルにも利用できるビーコン発信器となる。薄型化を追求したモデルについては、カードタイプで社員証と一緒にホルダーに装着可能。勤怠管理や社内のコミュニケーション関係の把握といった利用を想定しているという。セキュリティを強化するためにICチップを内蔵。定期的にリーダー端末に挿し込むことで、充電をしながらID情報を書き換える仕組みも提案されていた。

 また、子供の居場所確認、老人の徘徊予防などに向けて、絆創膏のように貼り付けるような使い方も提案しされていた。首下げデバイスのようにからまったり、外してしまうということがなく、1回の充電で約2週間は利用できるという。

 一方、振動充電を利用した電池レスタイプは、ペットの首輪に下げるような使い方を想定しているという。ペットが動くたびに情報が発信され、クラウドなどで活動状況が確認できるという仕組みだ。その他、ショッピングカートの車輪部に装着し、盗難防止に使うような提案もされていた。

 Beaconは1秒間に10回信号を発信するため、ウェアラブルのような小型端末では、バッテリー交換が手間となっていた。しかし、この問題も振動充電であれば解決でき、バッテリーが不要なので、モジュール自体を小型化できる。また、ペット端末は犬などがかじってしまうケースがあったが、電池レスならボタン電池を誤飲するような事故も防げるだろう。

 なお、会場ではBeacon受信機を内蔵した蛍光灯も展示されていた。テナントでは箱状のBeacon端末を天上などに設置するには制約があり、配線工事を必要とするケースもあった。しかし、蛍光灯なら既存のものに交換するだけ。ほとんど設置の手間を必要とせずに、子機からのBeacon情報をWi-Fi経由でサーバーなどに転送できる。

 ショッピングカート内蔵の電池レスモデルや、蛍光灯内蔵のレシーバーについては、すでにショッピングセンターなどから問い合わせが入っているという。このうち、蛍光灯内蔵レシーバーについては、4月前後に量産体制に入る計画だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント・セミナー アクセスランキング

  1. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  2. 全国回転寿司がデカ盛りを競う!…ふるさと祭り8日から

    全国回転寿司がデカ盛りを競う!…ふるさと祭り8日から

  3. 先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

    先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

  4. 地下300メートルの世界を体験、地層処分の研究施設で

  5. 先生のための金融教育セミナー…3つのコンピテンシー

  6. 顧客と従業員とともに企業価値を作る

  7. メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

  8. 【農業ワールド】農家の6次産業化を支援する菓子メーカー

  9. 映画『シン・ゴジラ』が描く“組織の美学”

  10. インフラおたく注目!土木学会がネットで「土木博物館」開設!

アクセスランキングをもっと見る

page top