日本企業もアノニマス対策が急務? 日産がDDoS攻撃 画像 日本企業もアノニマス対策が急務? 日産がDDoS攻撃

IT業務効率

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2016年1月14日付

●株、年明け初の上昇終値496円高(読売・1面)

●原油安、エコカー苦戦、北米自動車ショー(読売・10面)

●日産HP攻撃受け停止(読売・38面)

●米当局、VWに強硬姿勢リコール計画却下・長官が避難声明(朝日・7面)

●新NSX1800万円の走り(朝日・7面)

●トヨタ米販売、264万台計画、2017年過去最高更新へ(朝日・9面)

●「原油安」出口見えず、30ドル割れ需給環境一変(毎日・1面)

●「世界の工場」終焉へ、上海株反落3000割れ(産経・3面)

●ブリヂストン米6000店に、20年めどに2割増(日経・13面)

●サイバー攻撃、異業種連携、トヨタ・ソニーなど40社(日経・14面)

●SMAP解散?「信じられない」4人が独立協議、衝撃広がる(日経・38面)


ひとくちコメント

日産自動車のホームページのサーバーが大量にデータを送りつけられる「サーバー攻撃」受けたため、HPの閲覧を停止したという。きょうの朝もHPアドレスをクイックしても「このページは表示できません」の記述があり、復旧できていないようだ。

日産が発表したもので、きょうの読売などが報じている。それによると、HPのサーバーが1月12日夜に「デードス攻撃」を受け、一時的にHPの閲覧を停止して復旧を急ぐとともに、神奈川県警に通報したという。

国際的ハッカー集団「アノニマス」を名乗るツイッター上に日産への攻撃を主張する記述があるが、目下調査中で「因果関係は確認できていない」としている.。また、「現時点で個人情報漏えいの形跡は確認されていない」という。 

アノニマスの攻撃は頻発しており、厚生労働省や安倍晋三首相の個人サイト、報道機関、空港や水族館のサイトなど約40の組織、団体が狙われたとみられる。

サイバー攻撃対策については、きょうの日経が「トヨタ自動車やソニー、NTTなど日本の産業界を代表する40社強の企業が連携して、最新のサイバーテロに対応できる人材の育成に共同で取り組むほか、攻撃情報も共有する」と報じている。業界の垣根を越えた取り組みだが、果たして被害を最小限に食い止められるかどうか。

【新聞ウォッチ】狙われた日産、「サーバー攻撃」受けHPの閲覧を停止

《福田俊之》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

    外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  2. 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

    三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

  3. ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

    ドローンの活用範囲が拡大/資材運搬や高圧線架設にも応用/最大の需要はインフラの点検

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  6. 工事現場の「電子看板サービス」が登場、騒音・振動公開機能など搭載

  7. 建災防、安全対策にICT活用/有識者委が初会合

  8. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  9. 西松建設が自然エネ利用技術の効果実証、地下ピットで外気負荷が7割減

  10. ドイツのボッシュ、IoTの可能性を紹介する新サイトを立ち上げ

アクセスランキングをもっと見る

page top