東京建物、台東区の超高層マンション施工者を三井住友建設に決定 画像 東京建物、台東区の超高層マンション施工者を三井住友建設に決定

マネジメント

 東京建物は、東京都台東区で計画している3・6万平方メートル規模の分譲マンション「ブリリアタワー上野池之端」=完成イメージ=の施工者を三井住友建設に決めた。設計は同社、外装デザイン監修は日建ハウジングシステム、共用部デザイン監修はA.N.D.が担当。2月上旬に本体着工し、19年3月中旬の竣工、同6月の入居開始を目指す。
 建設地は台東区池之端1の7の3ほか。東京メトロ千代田線湯島駅から徒歩4分の場所にあり、不忍池の西側に位置する。建物はRC・S造地下1階地上36階塔屋2階建て延べ3万6113平方メートルの規模。1~4LDKの住戸361戸が入る。

東京建物/東京都台東区に超高層マンション、三井住友建設で2月着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「歩切り」ほぼ根絶、11月時点で実施は3団体に、端数処理が焦点

    「歩切り」ほぼ根絶、11月時点で実施は3団体に、端数処理が焦点

  2. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

    二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  3. 公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

    公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

  4. 企業の販促活動とコミュニティをマッチング、コスト1万円からのサンプリングを実現

  5. 宇部三菱セメント社長に上田淳副社長昇格、4月1日就任

  6. 施設の履歴管理システムとBIMとを連携 前田建設

アクセスランキングをもっと見る

page top