車のシガーソケットに挿すだけのIoTデバイス…プローブカーから運行管理まで

インバウンド・地域活性

グローバルモビリティサービス(オートモーティブワールド16)
  • グローバルモビリティサービス(オートモーティブワールド16)
  • グローバルモビリティサービス(オートモーティブワールド16)
  • MCCS
  • MCCS mini
  • グローバルモビリティサービス(オートモーティブワールド16)
  • グローバルモビリティサービス(オートモーティブワールド16)
  • グローバルモビリティサービス(オートモーティブワールド16)
グローバルモビリティサービス(GMS)は、1月13日から15日に東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブ ワールド 2016 第4回 コネクティッド・カー EXPO」に出展する。

GMSブースでは、同社独自のIoTデバイス2種類を展示。車両の遠隔制御を実現する「MCCS」に加え、新開発の「MCCS mini」を初公開する。

MCCS miniは3Gモジュールを搭載し、自動車等モビリティの様々な情報を24時間リアルタイムでセンシングできるIoTデバイス。GPSと加速度センサーを搭載し、位置情報のほか、危険運転検知、盗難検知など、モビリティの管理からリスク回避まで、様々なIoTサービスを提供する。また、取り付けは自動車の場合シガーソケットやヒューズボックスにプラグを差し込むだけ。プラグを差したその瞬間から通信が始まり、情報センシングを行うことができる。

そのほか同社ブースでは、オートファイナンス与信省略やセキュリティ、車両マネージメント、車両提供など、GMSが提供する各種IoTサービスを紹介する。

【オートモーティブワールド16】GMS、24時間センシングを実現する簡単装着のIoTデバイスを初公開

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

    レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  5. トヨタの考える次世代タクシー “日本らしい”タクシーとは?

  6. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  9. 鹿島、洋上風車の急速施工法確立…複数作業構台で別工種同時施工

  10. 「コメの文化」と我が国のバス事業

アクセスランキングをもっと見る

page top