東西日本で連携する事業創造プログラム、ビジネスプランを公募開始 画像 東西日本で連携する事業創造プログラム、ビジネスプランを公募開始

マネジメント

 株式会社ゼロワンブースター(東京都港区)、および株式会社ドーガン(福岡県福岡市)は13日、事業立ち上げプログラム「Startup Dojo 2016」を発表。同日に応募受付がスタートした。

 東京と福岡を結んだ、地域にとらわれない事業プログラムという「Startup Dojo 2016」。大きな規模の新しいビジネスを起こしたい個人や企業を対象に、東京と福岡の両社が連携。海外でも活躍するメンバーをメンター(支援者)に加え、約3ヶ月間にわたる事業立ち上げプログラムを無償で提供するという。

 ビジネスプランの応募は2月28日まで受け付けており、3月18日に選抜結果の発表を予定。選抜者の事業立ち上げプログラムを4月から6月にかけて行い、7月16日に最終発表会を福岡で開催する予定だという。

 東西日本で連携した事業創造プログラムにより、日本を事業創造できる国にして世界を変えることをコンセプトに掲げる「Startup Dojo 2016」。ビジネスプランの応募はゼロワンブースターのサイトから、リンクされた専用フォームで受け付けている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

    シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

  2. ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

    ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

  3. 最長7年間の防犯カメラ保守サービス、関東でスタート

    最長7年間の防犯カメラ保守サービス、関東でスタート

  4. 鹿島が「全国社内報企画コンペティション」で3年連続の受賞

  5. 中央防災会議、火山災害警戒地域に140市町村を答申

  6. 【倒産情報】レディスアパレル「2%TOKYO」が自己破産

  7. 異業種の連携活発、独自の強みで相乗効果、新領域へ業容拡大

アクセスランキングをもっと見る

page top