那覇空港ビルディング、国内・国際線の連結ターミナル施設を建設 画像 那覇空港ビルディング、国内・国際線の連結ターミナル施設を建設

インバウンド・地域活性

 那覇空港ビルディング(那覇市)は、同空港の国内線旅客ターミナルビルと国際線旅客ターミナルビルをつなぐ「際内連結ターミナル施設」の計画概要を発表した。RC造4階建て延べ約3万3000平方メートルの施設を建設し、チェックインカウンターやバスラウンジなどを設ける。梓設計・安井建築設計事務所・宮平設計JVに近く基本・実施設計業務を委託し、年内に設計を完了。17年1月の着工、現在工事中の増設滑走路の供用に合わせ20年3月の完成を目指す。
 連結ターミナル施設は空港利用客数の増加を受け利便性の向上を図るため、既存の両ターミナルビルの間にある現在は駐車場となっている敷地に建設する。
 建物は1階に国内線用バスラウンジや国際線到着ロビー、2階に国内線保安検査場・搭乗待合室や国際線チェックインカウンター、3階に国内線チェックインカウンターや店舗、4階に機械室や諸室などを設ける。国内線専用の大型駐機スポット、国内・国際線兼用の小型駐機スポットも各1カ所増設する。
 現在、貨物ターミナルでチェックインや搭乗の手続きを行っている格安航空会社(LCC)にも完成後の施設の利用を促す。
 同社は建物の老朽化や狭あい化、航空需要の増加などに対応するため、国際線ターミナルビルの建て替えや国内線ターミナルビルの増築などを行っており、今回の連結施設が完成すればターミナルビルの全体規模は延べ約14万4500平方メートルとなる。完成後は年間約2150万人の利用客に対応できると見込んでいる。

那覇空港ビルディング/国内・国際線の連結ターミナル施設建設/17年1月着工めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

    相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  2. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

    北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  3. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  4. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  5. 小田急グループ、御殿場アウトレット内にホテルと温泉施設を建設

  6. 長崎県大村市で一体型図書館・市歴史資料館、中心市街地ににぎわいを創出

  7. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  8. テーマは「おもちゃ」! ローカル鉄道を「夢の路線」にするクラウドファンディングがスタート

  9. 国のかたちを考える2018/野村総合研究所顧問 増田寛也氏

  10. 小田原箱根商議所が平成の城下町・宿場町構想を発表、江戸時代の景観復活へ

アクセスランキングをもっと見る

page top