那覇空港ビルディング、国内・国際線の連結ターミナル施設を建設 画像 那覇空港ビルディング、国内・国際線の連結ターミナル施設を建設

インバウンド・地域活性

 那覇空港ビルディング(那覇市)は、同空港の国内線旅客ターミナルビルと国際線旅客ターミナルビルをつなぐ「際内連結ターミナル施設」の計画概要を発表した。RC造4階建て延べ約3万3000平方メートルの施設を建設し、チェックインカウンターやバスラウンジなどを設ける。梓設計・安井建築設計事務所・宮平設計JVに近く基本・実施設計業務を委託し、年内に設計を完了。17年1月の着工、現在工事中の増設滑走路の供用に合わせ20年3月の完成を目指す。
 連結ターミナル施設は空港利用客数の増加を受け利便性の向上を図るため、既存の両ターミナルビルの間にある現在は駐車場となっている敷地に建設する。
 建物は1階に国内線用バスラウンジや国際線到着ロビー、2階に国内線保安検査場・搭乗待合室や国際線チェックインカウンター、3階に国内線チェックインカウンターや店舗、4階に機械室や諸室などを設ける。国内線専用の大型駐機スポット、国内・国際線兼用の小型駐機スポットも各1カ所増設する。
 現在、貨物ターミナルでチェックインや搭乗の手続きを行っている格安航空会社(LCC)にも完成後の施設の利用を促す。
 同社は建物の老朽化や狭あい化、航空需要の増加などに対応するため、国際線ターミナルビルの建て替えや国内線ターミナルビルの増築などを行っており、今回の連結施設が完成すればターミナルビルの全体規模は延べ約14万4500平方メートルとなる。完成後は年間約2150万人の利用客に対応できると見込んでいる。

那覇空港ビルディング/国内・国際線の連結ターミナル施設建設/17年1月着工めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  9. 札幌市・産業共進会場跡地活用、17年2月にも事業者公募

  10. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

アクセスランキングをもっと見る

page top