那覇空港ビルディング、国内・国際線の連結ターミナル施設を建設 画像 那覇空港ビルディング、国内・国際線の連結ターミナル施設を建設

インバウンド・地域活性

 那覇空港ビルディング(那覇市)は、同空港の国内線旅客ターミナルビルと国際線旅客ターミナルビルをつなぐ「際内連結ターミナル施設」の計画概要を発表した。RC造4階建て延べ約3万3000平方メートルの施設を建設し、チェックインカウンターやバスラウンジなどを設ける。梓設計・安井建築設計事務所・宮平設計JVに近く基本・実施設計業務を委託し、年内に設計を完了。17年1月の着工、現在工事中の増設滑走路の供用に合わせ20年3月の完成を目指す。
 連結ターミナル施設は空港利用客数の増加を受け利便性の向上を図るため、既存の両ターミナルビルの間にある現在は駐車場となっている敷地に建設する。
 建物は1階に国内線用バスラウンジや国際線到着ロビー、2階に国内線保安検査場・搭乗待合室や国際線チェックインカウンター、3階に国内線チェックインカウンターや店舗、4階に機械室や諸室などを設ける。国内線専用の大型駐機スポット、国内・国際線兼用の小型駐機スポットも各1カ所増設する。
 現在、貨物ターミナルでチェックインや搭乗の手続きを行っている格安航空会社(LCC)にも完成後の施設の利用を促す。
 同社は建物の老朽化や狭あい化、航空需要の増加などに対応するため、国際線ターミナルビルの建て替えや国内線ターミナルビルの増築などを行っており、今回の連結施設が完成すればターミナルビルの全体規模は延べ約14万4500平方メートルとなる。完成後は年間約2150万人の利用客に対応できると見込んでいる。

那覇空港ビルディング/国内・国際線の連結ターミナル施設建設/17年1月着工めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  4. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  7. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  8. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  9. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top