来店客や販売員の動きを分析「屋内位置測位ソリューション」の活用法 画像 来店客や販売員の動きを分析「屋内位置測位ソリューション」の活用法

IT業務効率

 富士通は、これまで提供してきた位置情報を活用したクラウドサービスに、店内における来店客や販売員の動きを分析する屋内位置測位ソリューションを追加し、商業施設や大規模小売店舗などを対象に提供を開始した。

 13日、提供がスタートしたのは「SPATIOWL(スペーシオウル) 人流分析サービス」。最先端の様々なセンシング技術を活用した同サービスは、“来店客数や来店客の動線に関するデータの収集・分析を行い、店内における人の行動を可視化”するという。

 同サービスでは、店舗の中に各種センサーを設置することで“来店客の人数や動線”を明確化。商品を入れるカゴにビーコンセンサーを貼り付けることにより、信号を店内の受信機で感知し、位置情報データベースとの照らし合わせて、来店客の位置が把握可能に。データを把握することで、店内のスペースを分析し、レイアウト構成に活用することができるとしている。また、販売員がビーコンセンサーを身に付けることで、社員教育に活かすこともできるという。

 同社では、今後、店舗周辺の交通状況やイベント情報、気象情報をデータに加え、さらに詳細な来店傾向の分析など、店舗運営の改善に役立つサービスを目指すとしている。
★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

    【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  2. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  3. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  4. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. VRによる未来のコミュニケーションとは?

  6. パナソニック、商用車向けGPS付ETC2.0車載器を発売

  7. 数百人の顔を認識して会話、仲介者ロボット「RoboPin」

  8. 日本年金機構の情報漏洩から学ぶ安全性と利便性の両立、そして“多層的な”防御

  9. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  10. 富士電機の”ヒータ電力を使わない自販機”はどうやって誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top