来店客や販売員の動きを分析「屋内位置測位ソリューション」の活用法 画像 来店客や販売員の動きを分析「屋内位置測位ソリューション」の活用法

IT業務効率

 富士通は、これまで提供してきた位置情報を活用したクラウドサービスに、店内における来店客や販売員の動きを分析する屋内位置測位ソリューションを追加し、商業施設や大規模小売店舗などを対象に提供を開始した。

 13日、提供がスタートしたのは「SPATIOWL(スペーシオウル) 人流分析サービス」。最先端の様々なセンシング技術を活用した同サービスは、“来店客数や来店客の動線に関するデータの収集・分析を行い、店内における人の行動を可視化”するという。

 同サービスでは、店舗の中に各種センサーを設置することで“来店客の人数や動線”を明確化。商品を入れるカゴにビーコンセンサーを貼り付けることにより、信号を店内の受信機で感知し、位置情報データベースとの照らし合わせて、来店客の位置が把握可能に。データを把握することで、店内のスペースを分析し、レイアウト構成に活用することができるとしている。また、販売員がビーコンセンサーを身に付けることで、社員教育に活かすこともできるという。

 同社では、今後、店舗周辺の交通状況やイベント情報、気象情報をデータに加え、さらに詳細な来店傾向の分析など、店舗運営の改善に役立つサービスを目指すとしている。
★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  2. サービス業のIT利用最前線!7  “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」

    サービス業のIT利用最前線!7 “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」

  3. 【今流スマホ予約・後編】繁盛店が語るスマホ予約の集客力

    【今流スマホ予約・後編】繁盛店が語るスマホ予約の集客力

  4. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

  5. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  6. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  7. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  8. ニュアンスまで翻訳? イトーキが5年後のオフィス予測

  9. 熊本城の石垣撤去で遠隔操縦装置導入、自動化、自律化へ

  10. サービス業のIT利用最前線!8 子どもの表現をITで助ける/あすみ福祉会

アクセスランキングをもっと見る

page top