【ウェアラブルEXPO】光るドレスの電気回路は接着剤……セメダインの導電ペースト 画像 【ウェアラブルEXPO】光るドレスの電気回路は接着剤……セメダインの導電ペースト

イベント・セミナー

 セメダインは13日、東京ビッグサイトで開催中の「ウェアラブルEXPO」で、導電性接着剤に関する展示を行った。

 今回展示された接着剤は、弾性接着剤「スーパーX」に電気伝導性を持たせたもの。低温硬化性に優れ、室温からでも回路を構成することが可能。接着性にも優れており、シリコンゴムや布、紙などにも利用ができる。

 特に、シリコンゴムに回路をプリントした場合には、ゴムの伸び縮みにも回路が追従するのが大きな特徴となる。営業本部 事業戦略室の河野良行課長によると、シリコンゴムに回路を構成できる部材は少なく、導電性接着剤ならではのアドバンテージになるとのことだ。

「シリコンゴムはヘルスケア分野などに活用されており、今後の応用範囲にも期待ができます。ただ、実際のところシリコンゴムに対する接着性を持たせることは、かなりハードルが高く、今回ようやく実現できた形になります」

 会場では無数のLEDチップで光るドレスが参考出展されていたが、ここにも導電性接着剤が利用されているという。ただ、布に導電性接着剤を利用した場合には、その洗濯性についてまだまだ課題が残されているようだ。

「温湿耐久試験を繰り返す中で、湿気や水への耐久性は、むしろ従来よりも優れた製品が開発できました。ただ、洗濯となると、ほかの衣類にからんだり、接触したりすることも考えられるので、現在は補強のためのノウハウを蓄積しているところです」

 セメダインではおよそ4年前から導電性接着剤を手掛けており、回路をプリントするための印刷機などを手掛ける機器メーカーとも協力体制を築いてきた。このようなパートナーも合わせて、製品を提案できる環境は整いつつあるようだ。

 なお、実際にはスマートフォンや太陽パネルなどで、既に同社の導電性接着剤が利用された事例があるという。特に、スマートフォンについては、従来のハンダのように接着に熱を必要とせず、軽量なこと、衝撃などにも強いことが利点となっているようだ。

 同社では導電性接着剤を工業用途に向けて開発したが、今後はウェアラブルな分野にも展開を広めていきたいとのこと。介護や看護分野などにおいてセンサーデバイスの接着を、より簡便な形で提案できるのが強みだと話している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント・セミナー アクセスランキング

  1. 顧客と従業員とともに企業価値を作る

    顧客と従業員とともに企業価値を作る

  2. メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

    メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

  3. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  4. NHK大河『真田丸』を中小企業の“生き残り劇”として見る

  5. 【新電力EXPO】次に来る省エネは“直流”、ソーラーパネルからの送電ロスを減らす新発想

  6. 【越境ECフェス】世界市場の売れ筋は? 参入に必要なものは?

  7. 先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

  8. 健康経営の創出に向け、横浜市がセミナーイベントを開催!

  9. インバウンド、アウトバウンド、海外アウトソーシング……「海外ビジネスEXPO2015」10月開催

  10. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

アクセスランキングをもっと見る

page top