三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設 画像 三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

マネジメント

 三菱電機は、名古屋製作所(名古屋市東区矢田南5)内にFA(ファクトリーオートメーション)機器の開発・設計を行う「第二FA開発センター」を建設する。5月に着工、17年6月完成を目指す。設計は鹿島、施工を鹿島・大日本土木JVが担当する。
 建物は、S造7階建て延べ約3万1000平方メートル。FAシステム事業の拡大に対応してシーケンサ、表示器、サーボ、インバーターなどのFA機器開発・設計・評価環境を整えるほか、顧客とともにFA機器の動作検証や今後の製品開発を検討する「共同開発ルーム」も設ける。
 環境・省エネルギー対策では、太陽光発電、LED照明、エネルギー管理システムなどを導入する。
 総投資額は約100億円を見込み、建物完成後に順次稼働させていく。
 名古屋製作所では、アジア諸国で急速に進んでいる工場の自動化に対応し13年12月、FA機器生産棟を完成させている。さらに今回、同センターを建設することで、次世代のものづくりを実現する総合ソリューション「イーファクトリー」に拍車を掛ける。

三菱電機/名古屋製作所に第二FA開発センター建設/鹿島JVで5月着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

    自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

  2. 国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

    国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

  3. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

    東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

  4. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  5. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  6. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  7. 国産素材マーク統一、全PBを3年かけ刷新! 日本生協連

  8. わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

  9. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  10. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

アクセスランキングをもっと見る

page top