鍋料理で地方創生!「ニッポン全国鍋グランプリ2016」開催迫る 画像 鍋料理で地方創生!「ニッポン全国鍋グランプリ2016」開催迫る

インバウンド・地域活性

 日本各地の「鍋料理」から「ご当地鍋日本一」を決定し、日本の「鍋文化」を世界に発信するイベント「ニッポン全国鍋グランプリ2016」が1月30日と31日、埼玉県和光市で開催される。

 和光市商工会が組織したニッポン全国鍋グランプリ2016実行委員会の主催により和光市役所内「市民広場」特設会場で開催される同イベント。12回目となる今大会は全国各地から60種類の鍋が参加し、来場者の投票により、審査が行われるという。

 実行委員会によれば、同イベントの開催趣旨は「日本の安心安全で豊かな国内食材資源による鍋文化を一堂に会し、日本の『和食』として優れた鍋文化を世界に発信すること」。鍋料理を活用した地域活性化の活動を推進するとしている。今大会で上位3位に入った鍋は「J-ブランド鍋」と認定され、東京五輪と同じく2020年に開催されるグランドチャンピオン大会に出場する権利を得るという。

 イベント会場では各地域44店舗によるアンテナショップが設置されるほか、和光市の伝統芸能である「和光太鼓」がステージで披露される予定となっている。

 地域に受け継がれた鍋料理で地域活性化を促進する同イベントの行方に注目したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 富裕層インバウンドの法則その1

  5. 東京都の技能人材育成大賞に中野の縫製工場、作業動画の共有など

  6. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  7. 【Sakeの海外戦略:2】酒蔵ツアーに見る海外ニーズ

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 観光関連ビジネスは顧客ターゲットを訪日外国人へ!旅行・観光消費動向調査

  10. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top