鍋料理で地方創生!「ニッポン全国鍋グランプリ2016」開催迫る 画像 鍋料理で地方創生!「ニッポン全国鍋グランプリ2016」開催迫る

インバウンド・地域活性

 日本各地の「鍋料理」から「ご当地鍋日本一」を決定し、日本の「鍋文化」を世界に発信するイベント「ニッポン全国鍋グランプリ2016」が1月30日と31日、埼玉県和光市で開催される。

 和光市商工会が組織したニッポン全国鍋グランプリ2016実行委員会の主催により和光市役所内「市民広場」特設会場で開催される同イベント。12回目となる今大会は全国各地から60種類の鍋が参加し、来場者の投票により、審査が行われるという。

 実行委員会によれば、同イベントの開催趣旨は「日本の安心安全で豊かな国内食材資源による鍋文化を一堂に会し、日本の『和食』として優れた鍋文化を世界に発信すること」。鍋料理を活用した地域活性化の活動を推進するとしている。今大会で上位3位に入った鍋は「J-ブランド鍋」と認定され、東京五輪と同じく2020年に開催されるグランドチャンピオン大会に出場する権利を得るという。

 イベント会場では各地域44店舗によるアンテナショップが設置されるほか、和光市の伝統芸能である「和光太鼓」がステージで披露される予定となっている。

 地域に受け継がれた鍋料理で地域活性化を促進する同イベントの行方に注目したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東海環状道・岐阜山県トンネルが起工

    東海環状道・岐阜山県トンネルが起工

  2. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

    CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  3. 愛知県豊川市、2工場撤退跡地活用で説明会開く/イオンモール進出、市は文化会館整備

    愛知県豊川市、2工場撤退跡地活用で説明会開く/イオンモール進出、市は文化会館整備

  4. 魚肉も美味!キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス

  5. 横浜市の文化体育館再整備、2棟の体育施設とホテル、飲食店

  6. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  7. 山形駅西口の拠点施設建設、16年度早々に入札公告

  8. 【インタビュー】地方創生は観光客など含めた人口で考える……エネルギア・コミュニケーションズ

  9. ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

  10. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

アクセスランキングをもっと見る

page top