パシコングループ、本社に「コンサルティングエンジニアの資料館」開設 画像 パシコングループ、本社に「コンサルティングエンジニアの資料館」開設

マネジメント

 パシフィックコンサルタンツグループは、東京・神田の本社内にコンサルティングエンジニアの資料館「Legare」を開設した。昨年8月の神田への新本社移転で閉館したままになっていた旧本社内のパシコン史料館の機能を移設し、名称、資料・パネルの展示方法などを改めた。
 Legareは、イタリア語で「つなぐ、結ぶ、遺産に残す」という意味。パシフィックコンサルタンツの創業からこれまでと、これからの「時・人・想い」をつなぐ場所であるとともに、コンサルティングエンジニアの歴史を伝える場所を目指して名付けられた。
 パシコンの本社が入るテラススクエア16階(千代田区神田錦町3の22)の一部に設置。パシコンの歴史を通して、コンサルティングエンジニアの誕生からこれまでに果たした役割、エンジニアが手掛けた世界の大型事業などを、年代別に展示したパネルや関連資料などで解説している。開館時間は同社営業日の午前9時~午後6時。希望者には社員が案内する。入館は無料。
 旧パシコン史料館は、日本で最初のコンサルティングエンジニアの歩みを伝える「C.E.Museum」として、1996年11月18日の「土木の日」に、東京都多摩市の京王線聖蹟桜ケ丘駅前の旧本社4階に開館した。

パシコングループ/本社にコンサルティングエンジニアの資料館開設/史料館の機能移設

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  2. 首都高速会社が大規模更新事業で羽田線大師橋架替。事業者向け説明会、3月16日に都内で

    首都高速会社が大規模更新事業で羽田線大師橋架替。事業者向け説明会、3月16日に都内で

  3. 揺れ75%低減! 大林組が大阪の超高層ビルに制震装置導入

    揺れ75%低減! 大林組が大阪の超高層ビルに制震装置導入

  4. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  5. JFEエンジニアリング、再生可能エネルギー発電の拡大めざす

  6. 張トヨタ名誉会長が製造業に伝えたいこと

  7. 青果卸の77%が減益――買い付け集荷の増加が響く

  8. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  9. 職場を盛り上げる取り組みが集結…「第2回 グッド・アクション」表彰式

  10. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

アクセスランキングをもっと見る

page top