経営者の9割がTPP大筋合意を評価…「構造改革の促進」に期待 画像 経営者の9割がTPP大筋合意を評価…「構造改革の促進」に期待

マネジメント

 企業経営者を対象として、TPP(環太平洋パートナーシップ)協定の評価や影響に関する緊急アンケートが有識者会議・経済成長フォーラム(事務局・日本生産性本部)により実施され、12日、調査結果が公表された。

 昨年11月に実施された「TPPの影響と対応~現下の経済と企業経営~」と題した同調査には、企業経営者183人が回答。昨年10月5日の「TPP大筋合意」に対して、9割の企業が評価(32.2%が「評価する」、57.6%が「ある程度評価する」と回答)している結果が表れた。

 また「日本にとってのTPPのメリット」について、最多の23.0%が「国内の構造改革が促進される」と回答。次いで「企業の国際的な競争力が高まる」が18.5%の回答を得た。「自社にとってTPPはメリットがある」と認識している企業は45.7%(10/7%が「ある」、35.0%が「少しある」と回答)。自社にとってのTPPのメリットが大きい分野では「関税の撤廃・削減」が31.2%を占め最多だった。

 TPP発効後に企業が起こすアクションとして「加盟国市場への参入や投資を増やす」が最も多い回答(19%)となった同調査。国内企業にとって、今後の海外進出を見据え、TPPが好意的に受け止められている結果が明らかとなった。
★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. LANケーブルから給電、小規模店舗向け監視カメラシステム――トライポッドワークス

    LANケーブルから給電、小規模店舗向け監視カメラシステム――トライポッドワークス

  2. パシコンの長期経営ビジョン、30年に売上高1000億円以上実現へ

    パシコンの長期経営ビジョン、30年に売上高1000億円以上実現へ

  3. 不当解雇で訴えられないために!従業員の「正しい解雇手続」セミナー開催

    不当解雇で訴えられないために!従業員の「正しい解雇手続」セミナー開催

  4. 「不動産会社から相手にされない物件」を売るウェブサービス登場

  5. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  6. 専門家に聞く「そもそもマイナンバー」って何?――10月までに知っておきたいこと

  7. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  8. 保険会社がスポーツイベントに注力…その背景

  9. 空きスペースを活用して「駐車場経営」できる新サービス、違法駐車解消の期待も

  10. 独身者の帰省費用負担、ゼネコンで新たな焦点に

アクセスランキングをもっと見る

page top