ウェアラブルでドライバーの健康・勤怠管理…トライプロ 画像 ウェアラブルでドライバーの健康・勤怠管理…トライプロ

IT業務効率

 トライプロは、ウェアラブルセンサーと連動した、運輸・運送事業者向けの動態・健康管理システム「スマ・ロケ Healthcare(ヘルスケア)」を12日から販売開始した。

 主にドライバーや乗務員の脈拍や睡眠、運動量などを可視化するもので、腕時計型センサーと連携して、生体データをスマートフォン経由で自動的に管理拠点に通知するものとなっている。

 バスやタクシー、トラックなどの運送事業者などを対象としたスマートフォン連動型・動態管理システム「スマ・ロケ」と、セイコーエプソンの腕時計型ウェアラブルセンサー「Pulsense PS-100」を連動させて、ドライバーの脈拍をリアルタイムに取得し、設定値を超えた場合には運行管理者に位置情報を含めて自動通知するAndroid4.4.2以上を搭載したスマートフォンに対応する。

 導入費用及びランニングコストのイメージは、導入台数50台、管理拠点1ヶ所で、対応スマートフォンとウェアラブルセンサーを含めたイニシャルコストが2,000,000円程度、ランニングコストは、通信費と地図利用料を含めて150,000円程度となる(システム構成やオプション契約により変動あり)。

運転者の健康状態などを通知する動態管理システム「スマ・ロケ Healthcare」

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

    カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  2. 堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

    堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. ステレオカメラとGPUの開発パッケージ発売――ZMPが自動運転車向けのPCキット

  5. LTE対応一体型防災監視ロガー……エコモット

  6. 群馬・栃木のケーブルテレビ社がソフトバンクモバイルと共同で固定電話サービス秋から

  7. 手軽・確実な情報漏えい対策――日東造機、油圧式の手動HDD破壊機の発売

  8. 数百人の顔を認識して会話、仲介者ロボット「RoboPin」

  9. 産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

  10. 渋谷区、タブレット導入実証成果を紹介/ドコモ教育ICTフォーラム

アクセスランキングをもっと見る

page top