ウェアラブルでドライバーの健康・勤怠管理…トライプロ 画像 ウェアラブルでドライバーの健康・勤怠管理…トライプロ

IT業務効率

 トライプロは、ウェアラブルセンサーと連動した、運輸・運送事業者向けの動態・健康管理システム「スマ・ロケ Healthcare(ヘルスケア)」を12日から販売開始した。

 主にドライバーや乗務員の脈拍や睡眠、運動量などを可視化するもので、腕時計型センサーと連携して、生体データをスマートフォン経由で自動的に管理拠点に通知するものとなっている。

 バスやタクシー、トラックなどの運送事業者などを対象としたスマートフォン連動型・動態管理システム「スマ・ロケ」と、セイコーエプソンの腕時計型ウェアラブルセンサー「Pulsense PS-100」を連動させて、ドライバーの脈拍をリアルタイムに取得し、設定値を超えた場合には運行管理者に位置情報を含めて自動通知するAndroid4.4.2以上を搭載したスマートフォンに対応する。

 導入費用及びランニングコストのイメージは、導入台数50台、管理拠点1ヶ所で、対応スマートフォンとウェアラブルセンサーを含めたイニシャルコストが2,000,000円程度、ランニングコストは、通信費と地図利用料を含めて150,000円程度となる(システム構成やオプション契約により変動あり)。

運転者の健康状態などを通知する動態管理システム「スマ・ロケ Healthcare」

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 不ぞろいイチゴを未選別出荷し、店頭パック詰め……産地は省力、鮮度を強調

    不ぞろいイチゴを未選別出荷し、店頭パック詰め……産地は省力、鮮度を強調

  3. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

    【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  4. ロボットアームを装備したドローン、プロドローンが開発

  5. 「ものづくり中小企業」の真のつよみ

  6. 進むIoT化! 日清食品がIoTを活用した新工場建設を発表

  7. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  8. 【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力

アクセスランキングをもっと見る

page top