電気通信施設の点検・修理は一括発注に…16年度から中部整備局 画像 電気通信施設の点検・修理は一括発注に…16年度から中部整備局

インバウンド・地域活性

 中部地方整備局は16年度から、電気通信施設の点検業務と修理を一括して発注する「電気通信施設保守業務」の試行を全事務所で展開する。一括することで発注業務の効率化や障害・故障時の対応の迅速化を図る。また、受発注者間の情報共有が円滑になることで品質向上も期待できるとしている。
 保守業務は、これまで本局や各事務所で契約していた電気通信施設点検業務に「修理」を加える。一体化することで、障害や故障時の復旧時間の短縮、発注業務の効率化・省力化、障害・故障時の対応の一元化と責任の明確化が可能になる。
 電気通信機器の機能・性能を復旧・回復させるため、部品交換などを行う作業が加わるため、金額によってはWTO対象案件となる。契約方式は5100万円以上が総合評価方式(WTO対象)、1300万円以上5100万円未満は価格競争(WTO対象)、1300万円未満は一般競争の対象。本年度は契約方式に応じ各1件を試行した。
 16年度は、港湾関係を除く全事務所が1、2件程度を実施する予定で、全体では30件程度を見込んでいる。
 既に静岡国道、浜松河川国道、越美山系、岐阜国道、豊橋河川の5事務所が発注手続き中。他事務所も順次、手続きを開始する。

中部整備局/電気通信施設点検・修理業務の一括発注試行/16年度から全事務所で

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  3. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

    尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 広がる宇宙ビジネスは中小企業のフロンティア…グローバル・ブレイン

  6. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  7. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  8. 大阪市福島区に12階建て複合ビル、宿泊主体型ホテルも

  9. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  10. アニメビジネスと地域活性化…自衛隊・埼玉・大洗・鷹の爪

アクセスランキングをもっと見る

page top