下水道広報プラットホームが働く女性の情報誌創刊 画像 下水道広報プラットホームが働く女性の情報誌創刊

ライフ

 下水道広報プラットホーム(GKP、事務局・日本下水道協会)は7日、新たな広報ツールとして「下水道分野で働く女性のマガジン GJ Journal」=写真=を創刊した。女性の視点から情報を発信し、幅広い利用者の下水道への理解を促すのが狙い。下水道業界で働く女性の支援を目的にGKP内に設立したGJリンクのメンバーが企画・編集を手掛ける。GKPのホームページで電子版を隔月で発行する予定。無料で購読できる。
 GJ Journalは、業界で働く女性が下水道の魅力を発信する「私の下水道」、日々のちょっとしたエピソードを披露する「GJのつぶやき」などのコーナーで構成。下水道や女性のキャリアアップに関する書籍の紹介や、編集委員が地域ごとに異なる下水道事情を解説する特集記事も掲載する。
 読者層は下水道利用者や学生、下水道関係者を想定。一般にも分かりやすいよう専門用語は極力使わないようにする。
 記事の編集などを担うGJリンクは、男性が多数を占める下水道業界で働く女性同士の出会いと交流を支援する場として13年に発足。女性のキャリアアップや人脈の形成などを後押しし、業界全体の活性化を図っている。

下水道広報プラットホーム/働く女性の情報誌創刊/電子版で隔月発行

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 今後3年で“タニタ”の文字が飲食業界にあふれ出す!

    今後3年で“タニタ”の文字が飲食業界にあふれ出す!

  2. 本日の新聞から:川内原発が再稼働……歓迎する産業界、懐疑的な世論

    本日の新聞から:川内原発が再稼働……歓迎する産業界、懐疑的な世論

  3. いい夫婦の日、11月22日に鉢花贈ろう…消費拡大プロジェクト 

    いい夫婦の日、11月22日に鉢花贈ろう…消費拡大プロジェクト 

アクセスランキングをもっと見る

page top