協和エクシオ、測位ベンチャー完全子会社化…G空間ビジネス本腰 画像 協和エクシオ、測位ベンチャー完全子会社化…G空間ビジネス本腰

マネジメント

 協和エクシオは7日、地図情報サービスなどを提供するアプリケーション(ジオアプリ)の企画・開発・販売を手掛けるWHERE(東京都千代田区、丸田一代表取締役)を、15年12月18日付で完全子会社化したと発表した。14年5月に資本・業務提携した際に取得した株式に今回61・5%を追加取得した。屋内外の空間測位と地図情報を組み合わせて創出する「G空間ビジネス」を本格化するのが狙い。20年にG空間ビジネス分野での事業を100億円規模に育てる方針。
 WHEREは、拡張現実(AR)を利用したスマートフォン向け観光アプリの開発を、業界に先んじて取り組んできたベンチャー企業。屋内外の空間測位技術開発や、ウエアラブル端末のアプリ開発を手掛けている。
 完全子会社化により、WHEREが持つ技術と、協和エクシオの通信インフラ技術・サービスの融合を目指す。具体的には、協和エクシオが提供しているスマートフォン・タブレット向け観光防災総合アプリ「EXTravel(エクストラベル)」の機能強化に加え、IoT(モノのインターネット)など最先端技術を活用した空間観測・管理サービスの開発などに取り組む。

協和エクシオ/空間測位ベンチャーを完全子会社化/G空間ビジネスを本格化

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. TPP協定は日本に必要ですか? 帝国データバンクが企業調査

    TPP協定は日本に必要ですか? 帝国データバンクが企業調査

  2. 国産素材マーク統一、全PBを3年かけ刷新! 日本生協連

    国産素材マーク統一、全PBを3年かけ刷新! 日本生協連

  3. 農家所得増大に期待、JAグループ経済界と対話、首相「作業効率化後押し」

    農家所得増大に期待、JAグループ経済界と対話、首相「作業効率化後押し」

  4. CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より

  5. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  6. 曙ブレーキ、生産設備の減損処理などで60億円の赤字

  7. 宮城建協「建設女性の会」が発足、職場環境改善や戦略的広報展開

  8. 香川県高松市、仏生山町の新病院施設計画を見直し

  9. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

アクセスランキングをもっと見る

page top