協和エクシオ、測位ベンチャー完全子会社化…G空間ビジネス本腰 画像 協和エクシオ、測位ベンチャー完全子会社化…G空間ビジネス本腰

マネジメント

 協和エクシオは7日、地図情報サービスなどを提供するアプリケーション(ジオアプリ)の企画・開発・販売を手掛けるWHERE(東京都千代田区、丸田一代表取締役)を、15年12月18日付で完全子会社化したと発表した。14年5月に資本・業務提携した際に取得した株式に今回61・5%を追加取得した。屋内外の空間測位と地図情報を組み合わせて創出する「G空間ビジネス」を本格化するのが狙い。20年にG空間ビジネス分野での事業を100億円規模に育てる方針。
 WHEREは、拡張現実(AR)を利用したスマートフォン向け観光アプリの開発を、業界に先んじて取り組んできたベンチャー企業。屋内外の空間測位技術開発や、ウエアラブル端末のアプリ開発を手掛けている。
 完全子会社化により、WHEREが持つ技術と、協和エクシオの通信インフラ技術・サービスの融合を目指す。具体的には、協和エクシオが提供しているスマートフォン・タブレット向け観光防災総合アプリ「EXTravel(エクストラベル)」の機能強化に加え、IoT(モノのインターネット)など最先端技術を活用した空間観測・管理サービスの開発などに取り組む。

協和エクシオ/空間測位ベンチャーを完全子会社化/G空間ビジネスを本格化

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ピーエス三菱、知名度向上へ現場見学会などで「橋カード」配布

    ピーエス三菱、知名度向上へ現場見学会などで「橋カード」配布

  2. 生コン工場集約加速、首都圏周辺需要減少が経営圧迫/系列越えた協業も

    生コン工場集約加速、首都圏周辺需要減少が経営圧迫/系列越えた協業も

  3. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

    東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  4. ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

  5. 中小企業の「事業承継税制」利用急増のなぜ

  6. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  7. 物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

  8. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  9. 国交省、橋梁修繕工事入札に技術提案・交渉方式導入、16年度

  10. 企業の販促活動とコミュニティをマッチング、コスト1万円からのサンプリングを実現

アクセスランキングをもっと見る

page top