イトーヨーカ堂、将来ビジョンは地域スーパーとの統合? 画像 イトーヨーカ堂、将来ビジョンは地域スーパーとの統合?

マネジメント

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は、提携先のスーパーと傘下のイトーヨーカ堂との間で商品政策などの情報共有に乗り出す。セブン&アイHDは北海道や東北、関西、中国で地域スーパーと提携しており、北海道ではダイイチとの情報共有化で成果を挙げている。今後は東北、関西などでも情報共有化を進めて個店のテコ入れを図り、権限委譲を加速する。ヨーカ堂は提携先スーパーとの物流統合にも着手しており、将来的なヨーカ堂店舗と提携先スーパーとの統合の可能性も浮上してきた。

 ヨーカ堂では北海道の店舗でダイイチと商品や地域情報の共有化を始めた。地域のニーズ把握やマーケティングで強みを持つダイイチと、ヨーカ堂の北海道内店舗で商品情報などを共有した結果、帯広店や釧路店で食品はもとより、衣料品や住居関連商品の販売も伸びる効果が出ているという。

 このため、今後は東北でヨークベニマル、さらに2015年に提携した関西地盤のスーパー万代、中国地盤の天満屋ストアなどとも商品や仕入れ情報の共有、物流の統合を実施する見通しだ。

 ヨーカ堂は昨年から本部が保有していた商品政策や価格設定などの権限を個店に委譲する改革に着手した。店舗が利益責任を持ち、地域のニーズを反映した商品政策の展開を徹底して、売上高の浮上を目指す改革だ。この改革加速に向け、地域を熟知した提携先スーパーと情報共有する。すでに北海道や東北では物流統合も開始している。主要な部分の共有化で、将来的に地域単位での統合に発展する可能性もある。

イトーヨーカ堂が提携先地域スーパーと情報共有する本当の狙い

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. パシコンの長期経営ビジョン、30年に売上高1000億円以上実現へ

    パシコンの長期経営ビジョン、30年に売上高1000億円以上実現へ

  2. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

    設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  5. 鹿島道路、増永修平氏が4月1日付で社長就任

  6. 三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

  7. 設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

  8. 企業の販促活動とコミュニティをマッチング、コスト1万円からのサンプリングを実現

  9. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  10. 東急不動産HD、沖縄に大型リゾートなどホテル事業で攻勢

アクセスランキングをもっと見る

page top