「氏家うどん」「中津からあげ」が商標に…商工会ら初の登録 画像 「氏家うどん」「中津からあげ」が商標に…商工会ら初の登録

インバウンド・地域活性

 栃木県さくら市・氏家商工会の「氏家うどん」と大分県中津市・中津商工会議所の「中津からあげ」が、1月8日に地域団体商標として商標登録された。商工会・商工会議所による地域団体商標登録はこれが初となる。

 地域団体商標は地域ブランド保護などを目的に2006年に導入されたもの。2014年の商標法改正により、商工会や商工会議所、特定非営利活動法人(NPO)による出願が可能になった。

 この改正を受けて、2015年12月までに対象団体から16件の登録申請があり、2015年10月にはNPO 法人による出願第1号として「小豆島オリーブオイル」が商標登録されている。

 新たに登録された「氏家うどん」は、さくら市氏家地区で生産された小麦を使用したうどん。地元店舗やスーパーなどで提供・販売されている。

 「中津からあげ」は、唐揚げ店が数多くある中津市の名物。かつて多くの養鶏場があったため、旧満州からの引き揚げ者が中国での食べ方を再現したため、総菜店で提供して広まったためなど、理由は諸説あるが、1970年頃から地域に広がり、近年では全国に認知されるブランドとなっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら/H14》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

    【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  2. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

    【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  3. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  4. 【インバウンド向けホステル浸透中!:1】個人旅行の格安ニーズをつかむ!

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  6. 日本の食に海外から熱視線!? 郷土料理やご当地ラーメンを外国人に売り込め!

  7. 【インバウンド向けホステル浸透中!:2】今日からできる口コミ戦略!

  8. 【着地型観光:2】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(後編)

  9. 3Dプリンターで服を量産!? その素材は…

  10. 本厚木駅開発、17年7月着工めざす

アクセスランキングをもっと見る

page top