ブナシメジ好調! 産地・メーカーが増産体制へ 画像 ブナシメジ好調! 産地・メーカーが増産体制へ

インバウンド・地域活性

 カットブナシメジの好調な売れ行きを受け、主産地やきのこメーカーが増産に動きだした。既に長野県のJA中野市管内ではカット専用施設の増設で、生産量が従来の4倍に拡大。メーカー大手のホクト(長野市)も富山市で専用設備の建設に着手し、9月には現在の3.5倍に増やす。スーパーでもカットブナシメジの売り場を広げている。
 JA中野市管内のカットブナシメジの年間生産量は500トンだったが、2015年から2000トンに増えた。カット専用の生産センターが管内に新設され、スーパーやカット野菜メーカーへの販路拡大につながった。カットブナシメジのシェア1位のミスズライフ(長野県飯綱町)は、既に6カ所ある生産センターの全てをカット商品に切り替えた。

 既存施設に15年5月にカット用の生産ラインを導入したホクトは、カット需要の伸びを見据え、富山市に専用設備を建てる。稼働すれば、年間生産量を2800トン(現在800トン)に増やせる。同社は「石づきがついたレギュラー品と比べ、量目の調整がしやすいのも魅力だ」と指摘する。

 首都圏中心に140店舗を展開するスーパーのいなげや(東京都立川市)は、仕入れるブナシメジの6割をカット商品が占める。「ごみが出なくて使いやすい」という声に応え、取扱量を増やしてきたという。

 年間を通して価格の安定したブナシメジは売りやすい商材。スーパー側からは「レギュラー品とカット品を並べて販売すれば、より割安感を演出できる」との声もある。

 農水省によると、13年のブナシメジ生産者は461戸(特用林産物生産統計)と、統計のある05年と比べて4割減った。生産量は11万7000トンと同2割増えた。JA中野市は「薄利多売が常態化している。少しでも販売環境を有利にしたい」と説明する。(岩本雪子)

ブナシメジ販売 「カット」好調、増産へ 専用設備 新設相次ぐ 産地、メーカー

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 中部国際空港の複合施設、これまでに例のない新しい空間へ

    中部国際空港の複合施設、これまでに例のない新しい空間へ

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  9. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  10. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

アクセスランキングをもっと見る

page top