住友理工、4日より名古屋・名駅エリアの新社屋にて業務開始 画像 住友理工、4日より名古屋・名駅エリアの新社屋にて業務開始

インバウンド・地域活性

住友理工は、名古屋・名駅エリアにグローバル本社を新設し、1月4日より業務を開始した。

同社は「Global Excellent Manufacturing Company」への変革を目指し、2013年に海外企業を買収・子会社化するなどして、現在23か国103拠点で事業を展開。また、ブランド価値の向上を狙って、2014年10月に住友理工株式会社に社名を変更した。

今回、グローバル本社機能を都心部に新設することで、グループ全体を統括するだけでなく、従業員の意識改革を図るとともに、グローバルに活躍する多様な人材の確保と育成を進めていく。

1月4日の業務稼働日には、神事の後、報道機関を前に開所式を開催。社名看板の除幕とテープカットを行い、新たな門出を祝った。住友理工の西村義明会長兼CEOは「住友事業精神を踏まえ、S.E.C.(安全・環境・コンプライアンス)を根底に、連結ベースで事業運営の基盤をしっかり作り上げ、ここグローバル本社から真のグローバル企業へと飛躍していきたい」とあいさつした。

住友理工、名古屋・名駅エリアにグローバル本社を開設

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中野二丁目地区再開発、低層部には商業施設

    中野二丁目地区再開発、低層部には商業施設

  2. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  3. 東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設

    東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設

  4. ~劇場型で魅せる飲食店:2~製造工程の見える化&カルチャー化

  5. ムーミンテーマパークは飯能市、総事業費150億円!

  6. モノづくり女子に興味がある人は集まれ! 愛知県が1月23日に座談会開催

  7. ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感  

  8. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

アクセスランキングをもっと見る

page top