住友理工、4日より名古屋・名駅エリアの新社屋にて業務開始 画像 住友理工、4日より名古屋・名駅エリアの新社屋にて業務開始

インバウンド・地域活性

住友理工は、名古屋・名駅エリアにグローバル本社を新設し、1月4日より業務を開始した。

同社は「Global Excellent Manufacturing Company」への変革を目指し、2013年に海外企業を買収・子会社化するなどして、現在23か国103拠点で事業を展開。また、ブランド価値の向上を狙って、2014年10月に住友理工株式会社に社名を変更した。

今回、グローバル本社機能を都心部に新設することで、グループ全体を統括するだけでなく、従業員の意識改革を図るとともに、グローバルに活躍する多様な人材の確保と育成を進めていく。

1月4日の業務稼働日には、神事の後、報道機関を前に開所式を開催。社名看板の除幕とテープカットを行い、新たな門出を祝った。住友理工の西村義明会長兼CEOは「住友事業精神を踏まえ、S.E.C.(安全・環境・コンプライアンス)を根底に、連結ベースで事業運営の基盤をしっかり作り上げ、ここグローバル本社から真のグローバル企業へと飛躍していきたい」とあいさつした。

住友理工、名古屋・名駅エリアにグローバル本社を開設

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

    外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  8. 富裕層インバウンドの法則その4

  9. 自民党幹事長・二階俊博氏に聞く。糸魚川大火の対応は迅速だったのか?

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top