ルノー日産のコネクテッドカー市場投入は2018年 画像 ルノー日産のコネクテッドカー市場投入は2018年

IT業務効率

ルノー日産アライアンスは1月7日、新たなコネクティビティ技術の2020年までの投入計画を発表した。

ルノー日産アライアンスは、新しいコネクティビティ・アプリケーションの車両への搭載を開始する予定。これにより、車の中で仕事したり、娯楽を楽しんだり、ソーシャルネットワークとつながることが可能になる。

具体的には、遠隔で車とのやり取りができるモバイル端末向けの新アプリを、2016年の後半に投入する予定。また、2017年には「アライアンス・マルチメディア・システム」と呼ばれる、スマートフォンと連動する機能や無線で地図情報を更新することもできるナビゲーションシステムを導入する。

さらに、2018年には、新型の「バーチャル・パーソナル・アシスタント」機能をサポートする専用のコネクティビティ プラットフォームを、個人および法人向けに投入する計画。

2014年、ルノー日産アライアンスは、両社の技術開発部門を統合。1つのチームとして協業することで、次世代技術開発の重複を避けることが可能になった。ルノー日産アライアンスは、「開発したハードウェア、ソフトウェア両方を含む技術は、顧客のニーズに合わせて、それぞれの会社の全てのブランドで活用できる」とコメントしている。

ルノー日産、新コネクティビティ技術を投入へ

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ロボットトラクターで世界初の4台協調作業

    ロボットトラクターで世界初の4台協調作業

  2. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

    【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  4. 【動画PRの成功術:2】月30台もピアノが売れる動画とは?

  5. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  6. 富士訓練センターでi-Con標準課程の試行講習を実施、地元企業らICT土工を学ぶ

  7. 【ITで強い商店街を作る:3】今どきの商店街のO2O戦略

  8. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  9. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  10. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

アクセスランキングをもっと見る

page top