ルノー日産のコネクテッドカー市場投入は2018年 画像 ルノー日産のコネクテッドカー市場投入は2018年

IT業務効率

ルノー日産アライアンスは1月7日、新たなコネクティビティ技術の2020年までの投入計画を発表した。

ルノー日産アライアンスは、新しいコネクティビティ・アプリケーションの車両への搭載を開始する予定。これにより、車の中で仕事したり、娯楽を楽しんだり、ソーシャルネットワークとつながることが可能になる。

具体的には、遠隔で車とのやり取りができるモバイル端末向けの新アプリを、2016年の後半に投入する予定。また、2017年には「アライアンス・マルチメディア・システム」と呼ばれる、スマートフォンと連動する機能や無線で地図情報を更新することもできるナビゲーションシステムを導入する。

さらに、2018年には、新型の「バーチャル・パーソナル・アシスタント」機能をサポートする専用のコネクティビティ プラットフォームを、個人および法人向けに投入する計画。

2014年、ルノー日産アライアンスは、両社の技術開発部門を統合。1つのチームとして協業することで、次世代技術開発の重複を避けることが可能になった。ルノー日産アライアンスは、「開発したハードウェア、ソフトウェア両方を含む技術は、顧客のニーズに合わせて、それぞれの会社の全てのブランドで活用できる」とコメントしている。

ルノー日産、新コネクティビティ技術を投入へ

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  2. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

    山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  4. ファブ施設での農業関連利用が広がる、1日数千円で3Dプリンターやレーザー加工機など

  5. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  6. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  7. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  8. 学校のICT化、都道府県で進捗の差/マイクロソフト調査

  9. 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

  10. EV使用済みバッテリーを家庭用蓄電池や充電器に再利用――4Rエナジー

アクセスランキングをもっと見る

page top