ルノー日産のコネクテッドカー市場投入は2018年 画像 ルノー日産のコネクテッドカー市場投入は2018年

IT業務効率

ルノー日産アライアンスは1月7日、新たなコネクティビティ技術の2020年までの投入計画を発表した。

ルノー日産アライアンスは、新しいコネクティビティ・アプリケーションの車両への搭載を開始する予定。これにより、車の中で仕事したり、娯楽を楽しんだり、ソーシャルネットワークとつながることが可能になる。

具体的には、遠隔で車とのやり取りができるモバイル端末向けの新アプリを、2016年の後半に投入する予定。また、2017年には「アライアンス・マルチメディア・システム」と呼ばれる、スマートフォンと連動する機能や無線で地図情報を更新することもできるナビゲーションシステムを導入する。

さらに、2018年には、新型の「バーチャル・パーソナル・アシスタント」機能をサポートする専用のコネクティビティ プラットフォームを、個人および法人向けに投入する計画。

2014年、ルノー日産アライアンスは、両社の技術開発部門を統合。1つのチームとして協業することで、次世代技術開発の重複を避けることが可能になった。ルノー日産アライアンスは、「開発したハードウェア、ソフトウェア両方を含む技術は、顧客のニーズに合わせて、それぞれの会社の全てのブランドで活用できる」とコメントしている。

ルノー日産、新コネクティビティ技術を投入へ

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで強い商店街を作る:1~地域ポイントサービスとその先

    ~ITで強い商店街を作る:1~地域ポイントサービスとその先

  2. サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

    サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. 静岡県がドローンで庁舎外壁調査、期間短縮とコスト削減

  5. 【ICTが変える高齢化社会:2】かしこい“見守りシステム”

  6. 日本の野菜や牛乳を海外へ、ホクレンら5社と鮮度保持技術の実証実験

  7. SelfieW.Me ……プリクラから進化したマーケティングツールの実例に学ぶ

  8. 羽田空港が最先端ロボットの実証導入場所に!

  9. 横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

  10. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

アクセスランキングをもっと見る

page top