ルノー日産のコネクテッドカー市場投入は2018年 画像 ルノー日産のコネクテッドカー市場投入は2018年

IT業務効率

ルノー日産アライアンスは1月7日、新たなコネクティビティ技術の2020年までの投入計画を発表した。

ルノー日産アライアンスは、新しいコネクティビティ・アプリケーションの車両への搭載を開始する予定。これにより、車の中で仕事したり、娯楽を楽しんだり、ソーシャルネットワークとつながることが可能になる。

具体的には、遠隔で車とのやり取りができるモバイル端末向けの新アプリを、2016年の後半に投入する予定。また、2017年には「アライアンス・マルチメディア・システム」と呼ばれる、スマートフォンと連動する機能や無線で地図情報を更新することもできるナビゲーションシステムを導入する。

さらに、2018年には、新型の「バーチャル・パーソナル・アシスタント」機能をサポートする専用のコネクティビティ プラットフォームを、個人および法人向けに投入する計画。

2014年、ルノー日産アライアンスは、両社の技術開発部門を統合。1つのチームとして協業することで、次世代技術開発の重複を避けることが可能になった。ルノー日産アライアンスは、「開発したハードウェア、ソフトウェア両方を含む技術は、顧客のニーズに合わせて、それぞれの会社の全てのブランドで活用できる」とコメントしている。

ルノー日産、新コネクティビティ技術を投入へ

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:4~誰にでも開かれた「材木屋」

    ~スマート林業:4~誰にでも開かれた「材木屋」

  2. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. ソフトバンク、新卒採用選考にAI導入/エントリーシート確認作業時間を75%軽減

    ソフトバンク、新卒採用選考にAI導入/エントリーシート確認作業時間を75%軽減

  4. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

  6. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  7. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  8. スーパー精肉売り場、小型モニターのメニュー提案で売上増!

  9. ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

  10. ~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ

アクセスランキングをもっと見る

page top