東京以上に多い県も! 都道府県の居酒屋密度ランキング発表 画像 東京以上に多い県も! 都道府県の居酒屋密度ランキング発表

インバウンド・地域活性

 日々の生活だけでなく、旅先での楽しみの場にもなる居酒屋。そんな居酒屋について、NTTタウンページが調査を行った。

 NTTタウンページが行った調査は、職業別電話帳データをもとにしたもの。人口約10万人あたりの居酒屋登録件数を都道府県別に調査し、ランキングにしている。

 この調査でトップになったのは沖縄県。泡盛に代表される土地のお酒に加え、独自の食文化や飲み会好きといわれるイメージを裏打ちするような結果となった。続く2位は高知県。飲み干すまで手から放せない「べく酒」といった酒文化を持ち、やはり酒豪・酒好きというイメージが強い土地だ。以下、東京都、鹿児島県、山梨県と続いている。

 居酒屋は気軽に入れる上に、スタイルや料理といった店舗形態もさまざま。提供する料理などだけでなく、土地ごとの文化がにじみ出る場所でもある。「居酒屋の多さ」というのも地方のひとつの武器になるかも?

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  4. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top